読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

大阪一のお花見へ #9

空はすっかり太陽に染められ、一日の終わりが刻一刻と近づいていることを感じさせられます。 そして、太陽の光を映し出す水面も…

大阪一のお花見へ #8

#7のつづき。 狭山池に来てから2時間半。 池のまわりをめぐる道も3分の2にさしかかりました。 つい数時間前には、はるか遠くに見えるあの場所に立っていたんだと考えると、なんか無駄に感慨深いというか…(笑)

大阪一のお花見へ #7

#6のつづき。 水辺でも桜が咲いていました。 真っ白な花、今にも咲きそうなつぼみが淡い水色にすごく映えますね。水がきれいなのか、色もすごくきれい。

大阪一のお花見へ #6

#5のつづき。 どこまでも伸びていくたこ。 それは夜空を架ける天の川のように、青い空を大きく架けていました。 そう、これは空に浮かぶ架け橋。

大阪一のお花見へ #5

#4のつづき。 ものすごく間が開いてしまいました。この時期に桜だなんて…(汗) たこがどこまでも連なっているように、桜並木もどこまでも連なっているよう。 最初に通った桜並木、こんなにも長く続いていたんですね。ちょっとさびしい気もするけど、このス…

大阪一のお花見へ #4

#3のつづき。 桜並木を歩いているうちに、何かが空に浮かんでいることに気づきました。 その正体はこれ。なんと池のほとりからいくつも連なるたこを飛ばしていたのです。 まさか、狭山池でこのようにたこを飛ばしている人がいるとは思ってもいませんでした。…

大阪一のお花見へ #3

#2のつづき。 どこまでも広がる空。どこまでも続く桜。 2ヶ月前に来たときは今にも折れそうだった木が、まるで見違えるような姿へと生まれ変わっていました。 ついに待ち望んでいた春が…春がやってきた!!

大阪一のお花見へ #2

#1のつづき。 去年の秋、たくさんのコスモスで彩られていた場所は、冬を経て菜の花畑へと生まれ変わっていました。 一度命が終わってしまったように見えていても、こうして命はくりかえされているんですね。

大阪一のお花見へ #1

3月31日。 長い冬が終わり、ようやく春らしくなってきました。 この時期に行きたいところといえば、もちろんお花見ですよ。家の近所には玉串川という小さな川があって、そこの桜もすごくきれいなんです。 が、普段から見ているだけに、今年はちょっと遠いと…