読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

願いを乗せて

現在、かっこよく言うと曲の量産体制に入っています。 少し前にパットメセニーとMiliのアルバムを買ったあたりから、特にMiliのアグレッシブな曲に影響されて創作意欲がすごく上がっていまして、自分も負けずに曲を作るんだ!!ぐらいの勢いで曲を作って動画…

続・トワイライトを巡って #2

#1のつづき。 11時59分。 もう一つのトワイライトがホームに入ってきました。 昨日、大阪発のトワイライトを見送った頃に札幌を出発し、今までひたむきに走ってきたのです。

続・トワイライトを巡って #1

前編のつづき。 3月13日。 私は山科駅で湖西線の普通列車を待っていました。 昨日、トワイライトを見送りに行ったばかりなのに。このときの私は何かの強い力に動かされていたのです。

トワイライトを巡って #10

#9のつづき。 私が急いで飛び込んだのは、2両編成の短い列車。 この列車に乗って、山里の中をひたすら西へと向かっていきます。

トワイライトを巡って #9

#8のつづき。 30分待ってやっと来てくれた列車。 特急列車のようなふかふかの席に座り、ふっと上を見上げると… そんなにあいまいで大丈夫なのか、って思ってしまいました(笑)。

トワイライトを巡って #8

#7のつづき。 今まで乗っていた北行きの列車から、南行きの列車へ。ふたたび滋賀県を南へと下っていきます。 別れと出会い。路線が交わる駅には、どこか旅情のようなものを感じますね。

トワイライトを巡って #7

#6のつづき。 北小松駅。 となりの近江舞子駅ではあれだけの人が集まっていたのに、この駅はまるで静か。 ホームの向こうには、琵琶湖が眠るように広がっていました。

トワイライトを巡って #6

#5のつづき。 くよくよしていても、過ぎた列車はもう戻ってこないのです。 たったひとつの声かけから仲良くなれた警察官の方とも、ここでお別れ。

トワイライトを巡って #5

#4のつづき。 結構前から書き置きしていたものの、日記というよりは振り返りになってます(笑)。 遠くへの移動手段が新幹線に、そして飛行機へと変わっていく中、トワイライトはまさに最後の砦とも言える列車でした。 大阪駅を発車して、ここまで走ってきた…

大阪一のお花見へ #9

空はすっかり太陽に染められ、一日の終わりが刻一刻と近づいていることを感じさせられます。 そして、太陽の光を映し出す水面も…

大阪一のお花見へ #8

#7のつづき。 狭山池に来てから2時間半。 池のまわりをめぐる道も3分の2にさしかかりました。 つい数時間前には、はるか遠くに見えるあの場所に立っていたんだと考えると、なんか無駄に感慨深いというか…(笑)

大阪一のお花見へ #7

#6のつづき。 水辺でも桜が咲いていました。 真っ白な花、今にも咲きそうなつぼみが淡い水色にすごく映えますね。水がきれいなのか、色もすごくきれい。

大阪一のお花見へ #6

#5のつづき。 どこまでも伸びていくたこ。 それは夜空を架ける天の川のように、青い空を大きく架けていました。 そう、これは空に浮かぶ架け橋。

大阪一のお花見へ #4

#3のつづき。 桜並木を歩いているうちに、何かが空に浮かんでいることに気づきました。 その正体はこれ。なんと池のほとりからいくつも連なるたこを飛ばしていたのです。 まさか、狭山池でこのようにたこを飛ばしている人がいるとは思ってもいませんでした。…

大阪一のお花見へ #3

#2のつづき。 どこまでも広がる空。どこまでも続く桜。 2ヶ月前に来たときは今にも折れそうだった木が、まるで見違えるような姿へと生まれ変わっていました。 ついに待ち望んでいた春が…春がやってきた!!

大阪一のお花見へ #2

#1のつづき。 去年の秋、たくさんのコスモスで彩られていた場所は、冬を経て菜の花畑へと生まれ変わっていました。 一度命が終わってしまったように見えていても、こうして命はくりかえされているんですね。

大阪一のお花見へ #1

3月31日。 長い冬が終わり、ようやく春らしくなってきました。 この時期に行きたいところといえば、もちろんお花見ですよ。家の近所には玉串川という小さな川があって、そこの桜もすごくきれいなんです。 が、普段から見ているだけに、今年はちょっと遠いと…

トワイライトを巡って #4

13時1分。 待ちわびていた瞬間がついにやってきました。 #3のつづき。 緑色の車体に黄色いラインが入ったトワイライト。定刻の2分遅れで近江舞子駅にゆっくりと入っていきます。 それを迎えるかのように、一斉に向けられるカメラ。運転手さんはどんな思いで…

トワイライトを巡って #3

#2のつづき。 駅に着いてから15分。 私と警察官ぐらいしか立っていなかった北側にも、ぽつぽつと人が増えてきました。 それでも、大阪駅と比べたらほんのわずか。トワイライトが来るまで30分を切っているとは思えない光景です。 私みたいに大回りを使ってわ…

トワイライトを巡って #2

#1のつづき。 トンネルをくぐればそこは滋賀県。 今まで見ることのなかった白い山が姿を現し、だんだんと気持ちが高まっていきます。 後ろにもたれて、足を伸ばして、こうしてゆったりと座れる席はいいですね。この「旅してる感」がたまらない。 まぁ、この…

2014年のUSJ #8

#7のつづき。 青色に染められる空。そびえ立つシルエット。 どこからか流れてくる壮大な音楽と、おいしそうなにおい。 夜の世界は、もう目の前まで来ています。

2014年のUSJ #7

#6のつづき。 水の中に一滴。絵の具に染められた空が流れていきます。 空が水のように感じる時間。

2014年のUSJ #6

#5のつづき。 …いや、なんかねぇ。 最後にUSJに行ったことを書いたのが去年の12月12日で、いつの間にか2ヶ月も空いてしまってる。 どうしよう。行ったのはもう3ヶ月以上前なのに覚えてるかな(笑)。 そうそう、前の日記ではウォーターワールドを見て「寒い…

はじめての冬 #2

#1のつづき。 辺りを見渡せば、やさしい光につつまれる草木たちが。 上を見上げれば、やさしい色の空がどこまでも広がっていました。

はじめての冬 #1

12月9日。 最後の期末テストが終わり、気晴らしに仲の良い子と一緒に食べに行った帰りの話。 自転車に乗りながら遠くを眺めていると、はるか向こうにわたがしのような雲を見つけて。 あの雲をいっぱいに撮りたい。そんな思いがまたしても私をここに連れて来…

2015年のお正月

7時55分。 2015年、最初の日が上がってきました。 あけましておめでとうございます。 天気予報によると今日は大阪でも雪が降るらしく、今年の初日の出は見れないかな…とがっかりしていました。 が、起きてみるとすっかり晴れてたんですね。これが。

2014年を振り返り

2014年。最後のお仕事がやっと終わりました。 私、年賀状に関してはまったく計画しない人で、毎年必ずクリスマスを過ぎてから出してます。 そんな私に母がしつこく「いつになったら出すん!?」とヒステリックに言ってきて、こういうのは私ぐらいなのかと心…

2014年のUSJ #5

#4のつづき。 この日はいろいろ撮りたい気分だったので、トークで笑いながらも手元にはちゃっかりカメラをスタンバイさせてました (`・ω・´) ただ、ほぼ毎年見ているはずなのにほとんど内容を覚えてなくて。 忘れるほどおもしろくないとかそういう話じゃない…

2014年のUSJ #4

#3のつづき。 入り口の門をくぐると、こんな感じでいきなり重々しい機関車が止まってました。 この機関車、ハリポタの世界ではいわゆるスクールバス的な存在らしいです。バスじゃないけど。 ホームの上ではスタッフの方が「◯◯〜よしっ!」と言わんばかりに駅…

2014年のUSJ #3

#2のつづき。 屋根につもった白い雪。光が当たってきらきらと輝くつらら。 まさにファンタジーの世界に迷い込んだみたいです。 雪の部分が食べれるとしたらサクサクしておいしそう。そういえば「雪の宿」の表面についてるのもこんな感じでしたね。 あの白い…

2014年のUSJ #2

空へのあこがれ。 はるかな空に、ありったけの夢を追い求めて。 #1のつづき。 断崖絶壁の上に作られた、木よりもはるかに高いホグワーツ城。 力を一つにして、どんな困難も乗り越えて、さらなる高みへ。そんなメッセージが感じられました。

2014年のUSJ #1

今年もUSJの季節がやってきた! 年に一度USJに行くならいつ行きたい?って聞かれたらまちがいなく「冬!」と答えますよ ( ●´ ▽ `● )ノ ツリーもきれいだし、イルミネーションもきれいだけれど、 一番気に入ってるのは「天使のくれた奇跡」が終わってからしば…

秋を踏みしめて #3

そらいろのノートに、やさしい線が描かれていく。 すきとおった、ちょっぴり冷たい風の中。

秋を踏みしめて #2

#1のつづき。 もみじを見たあとは、夕日がまぶしいグラウンドへ。 ずっと帰宅部だった私にとって、放課後のグラウンドはまったく縁のない場所。 自分の見えないところで流れていた日常が、なぜか特別なもののように感じてしまう。

秋を踏みしめて #1

先週、6時間授業が終わるのを前に、学校の中でのんびり写真を撮ってました。 これからは昼をまたいで学校にいることもないと思うし、何といっても今だけの紅葉の写真を撮ってみたくて。 朝はそんなに天気はよくなかったものの、6時間目が終わった頃にはすっ…

葉っぱのゆくえ

芽が出てきて、大きくなって、赤く染まって… それから一体どうなるの? 袋に閉じ込められて、最後は燃やされてしまう。それが葉っぱの望む道? 季節とともに自然は姿を変えていくけど、人間が作ったものは変わることはない。 自然はよみがえることができるけ…

秋を踏みしめて

色とりどりの葉っぱを、一歩一歩、踏みしめていく。 一年後の私は、もうここにはいない。 最後の夏が終わり、最後の秋ももうすぐ終わってしまう。 夏のあいだは緑一色だった学校が、秋には一気に鮮やかに染まり、しだいに地面も染まっていく… 最後。この言葉…

夜を待つ

パステルカラーの空の下。 夜を前に、出発を静かに待つ。 最近、GM1とパンケーキレンズ(20mm/F1.7)の組み合わせでよく持ち歩いてます。 撮りたい!と思ったときにまわりを気にする必要がないこと。この「自分が空気になった感」がすごくいい。 ズームでき…

台風の朝

10月13日。 昨日は自転車で奈良まで走ってきたのに、肝心の個展を見れずに帰ってしまった。 個展は今日で終わってしまう。 もともとは今日、13日に個展を見に行くつもりでした。 なのに、土曜日ぐらいに来ると思っていたあの台風がずれ込んできて、本当に月…

小さな京都 #3

#2のつづき。 空はすっかり暗くなり、人通りもだんだん少なくなってきました。 明日の夜に台風がやってくる、そう思うとちょっと怖くなってきます。 そんな中でもひたすらギョロギョロとまわり続けるメガネさん…

小さな京都 #2

#1のつづき。 奈良市といえば大仏と奈良公園ぐらいしかないところ。そんな風に私は思ってました。 だけど、実際に自転車で走ってみるとイメージとはまったく違ったんです。そこはまるで小さな京都。 京都ほどではないものの、あちこちに歴史を感じさせる町並…

小さな京都 #1

10月12日。 台風がやってくる前の日というのに、ちょっと風が強いぐらいでおだやかな日でした。 この日の私は、自転車できょんさんの個展を見に奈良へ。 9月の真ん中にも京都、滋賀へ行ってきたので、これで自転車だけで2府2県を走ったことになるんですね…え…

山の辺の秋 #3

オレンジ色のエールが、空を染めていく。 疲れ切った街を見下ろして「明日もがんばって」と。 #2のつづき。 上ったり下りたり、上ったのはいいけど行き止まりでまた下りてきたり。 さすがに疲れてきたし、ちょうど日も暮れてきたし…ということで、この辺りで…

山の辺の秋 #2

こっちの世界はちょっと寒いのに、 向こうの世界の私は寒々しい姿でカメラを向けてきました。 #1のつづき。 10月の終わりだというのにセーターは着てないし、シャツは出してるし、おまけに袖までまくってる。 そんな変な人が鏡の向こうに立ってました。 ガチ…

山の辺の秋 #1

白き天の川。 大空を、北から南へとかけていく。 10月30日。 誕生日に山に上ったのがきっかけで山をもっと知りたいと思うようになり、学校帰りにそのまま山へ向かいました。 途中で写真を撮りたくなるところもなく、ただの自己満足で終わってしまうのかな…と…

新しい一日に #2

夜の入り口。 家に挟まれた道の先には、とっておきの空が待っていました。 #1、昼編のつづき。 誕生日だし、せっかくだし…と、この日はついでにカットもして頭もすっきりさっぱり。 で、その帰りに何を血迷ったのか、またまた近くの山に上ってきました(笑)…

新しい一日に #1

空は青く、緑はかすむほどかがやいていた。 今日は、私の新しい一日。 10月に誕生日を迎え、一年の区切りにさしかかった私。 だから何か新しいことをしよう…なんてことをこの日の日記で書いてました。そのときに撮った写真。 天気にもめぐまれ、とってもすが…

あかつきの夜 #2

#1のつづき。 足を下ろしたら冷たい水にふれるような、そんな場所で月を見ていました。 ここから見て北西が大阪の真ん中になるんですけど、都会の光が空をあんなにも白く染めてしまっています。 あんなに明るいと星も見えないはず…

あかつきの夜 #1

皆既月食。 あれから今日で1ヶ月にもなるんですね。なんかあっという間というか… 10月にフォトライフを使いすぎて、なかなか写真を上げることができませんでした(´・ω・`) この日は「そらとうちゅう」の日記で上げたコスモスの写真を撮りに行っていて、ホント…

そらとうちゅう #8

どこまでも、どこまでも。 ガラスの林から、緑のじゅうたんまで。 #7のつづき。 自転車でコスモスを撮りにいって、そこからちょっと足を伸ばしてみたところです。かなり間が開いてしまったけど…(;´▽`A`` 私、どこに行ってもなぜか電線が撮りたくなるんです…