ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

ポケットビット

f:id:Hokkorina:20130629113251j:plain

 

ソニーが展開するUSBメモリ「ポケットビット」。

後部をノックすると端子が現れるも、全長は変わらないという「ノックスライド方式」を採用。

この商品を初めて見たとき、なんて無駄のないデザインなんだ…と感嘆の声を漏らしたほどです。

ソニーの商品はデザインが無骨すぎることからあまり好みではないんですが、

このUSBメモリだけは何か本能的に惹かれるものを感じます。家にあるのをすべて置き換えたいぐらい(笑)

 

で、なんでいきなりこんな話になったのかというと、

私が師事しているとある先生が「新品のUSBメモリにデータを入れたら消えた」ということで、

私が預かってパソコンで原因を調べ、ついでに私のUSBメモリ(奥の2本)と一緒に撮ってみたわけです。

結局、原因は分からなかったんでフォーマットしましたけど。しかもそれからは普通に使えてますけど。

 

ところが、6月の終わりになると今度は真ん中のUSBがおかしいことに。

 

f:id:Hokkorina:20130709124630j:plain

 

カバーが固定されなくなり、カバーの部分を持って差し込もうとすると端子が引っ込んでしまいます。

しかも可動部からシャリシャリという小気味悪い音が聞こえてくるし。

これをミドリ電化に買いに行った帰りにこの日記の一番下の写真を撮ったりしてたんですけど、

あれから一年足らずで壊れてしまうとは。これがいわゆる「ソニータイマー」でしょうかね?

 

f:id:Hokkorina:20130713115909j:plain

 

さらにさらに、直らんかなーと無駄にカチャカチャしてたらロック機構らしき部品が飛び出す始末。

ノックしてもシュタッと戻ります。もはやノックスライドアップ方式(?)ですよもう。

でも中途半端に引っ込むよりはマシかも。これはこれで悪くないかも…と開き直ってる今日の私でした。