ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

ショルダーストラップ

f:id:Hokkorina:20130727114731j:plain

 

レンズの輝かしい金文字。当時の最先端だった400万画素のエンブレム。今は無き「CAMEDIA」シリーズ…

そんなこのカメラ、ショルダーストラップを付けるべきか非常に悩んでます。

 

機動力を優先するなら付けたほうが断然取り回しが効くのは分かってる。

そやけど飲食店でカバンからサッと出してサッと撮りたいときになんか邪魔。余計。

これとFZ150を一緒に首から提げたりしたらかっこいいと思うけど、私はそんな姿が似合う人ではない。

電車乗るときに「小」と書かれたあの切符で通っても何も咎められない私だしね。

女子カメラの雑誌に出てる人もファッションのワンポイントとして一台だけ提げてることが多いし。

逆に三台も四台もぶら下げてる女子を見かけたらどん引きするよ絶対。

 

f:id:Hokkorina:20130727113649j:plain

 

で、肝心のショルダーストラップを付けるとこんな感じ。

こんな私に果たして必要なのかどうか。どーでもいいことでここ数日悩み続けています。

だったらつべこべ言わずにコンパクトなやつに乗り換えろとか言われそうですが、

やっぱ古いものには愛着が湧くんですよ。新しいカメラとは違ってですね。

以前うっかり処分してしまった2000年発売のC960Zもオークションで買い戻そうかと考えてるぐらい。

もちろん画質的にはまったく使えないんでご本尊として祭られる運命に。

 

ちなみに最も近い新モデルとして挙げられそうなのが同社の「XZ-2」。

これってレンズ仕様がC4040Zと似てる(28-112mm F1.8-2.5)にもかかわらずかなり薄いんですよ。

コンデジ市場を見ると高倍率でコンパクトというのが売りにされることが多いですが、

レンズの明るさと小ささを両立する技術というのも地味ながらすごいです。