ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

須磨の海から #3

f:id:Hokkorina:20130818172210j:plain

 

後ろ髪を引かれるように駅を去っていく人々。

砂まみれのプラットホームはこの日が良き思い出になることを物語っています。

 

f:id:Hokkorina:20130818172852j:plain

 

人々が待つホームに滑り込んだのはリニューアル前の221系。

リニューアル車の爽やかなイメージもいいですけど、私はデザイン的にこちらのほうが優しさを感じます。

 

f:id:Hokkorina:20130818172907j:plain

 

ちょっと人が捌けてからもう一枚。

前から撮るのと後ろから撮るのとではライトの色が違うだけで印象が変わるものです。

ちなみに私は後ろから撮るほうが好みですね。

 

f:id:Hokkorina:20130818173328j:plain

 

日が落ちていくにつれて、銀色の電車も輝きを増していきます。まさに黄金時間。

雰囲気を出すためにRAWでホワイトバランスをいじってみました。

 

f:id:Hokkorina:20130818173806j:plain

 

寂しいホームで次の電車を一人待つ。左手には人間の片腕的存在となったスマートフォン

「常に繋がっている」という安心感を得た人間の未来は…

次回に続きます。