ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

思い出の南九州 #12

f:id:Hokkorina:20130926103818j:plain

 

やっと港が近づいてきました。雲一つなかったこの空にも火山灰をまとった雲が押し寄せてきます。

こんなときは日の丸構図のほうがダイナミックさが出ますね。これは別に意識したわけじゃないですけど。

 

f:id:Hokkorina:20130926103856j:plain

 

ついにここにも火山灰の雨が。こうして撮ってるときに手前の火山れきが写りこむほどかなりの量。

海にはとてつもない量の火山灰が息をしずめてそう…

 

f:id:Hokkorina:20130926104314j:plain

 

港には無事着いたものの、私たちと一緒に火山灰の雨もやってきました。

こうして目に見えるほどになると逆に怖い。なんか酸性雨に見えてくるもので。

 

f:id:Hokkorina:20130926104341j:plain

 

他の船も無事到着。

同行してくれた漁師さんに「ありがとう」、その船のモーターに「おつかれさま」のサインを。

 

f:id:Hokkorina:20130926104551j:plain

 

こんな中でも水鳥たちは何事もなかったかのようにその辺でたむろ。

噴火噴火と騒ぎ立てるのは私たちだけ。そんな姿を見て苦笑いする現地の人でした(笑)

次回に続きます。