ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

ななつきの村へ #3

f:id:Hokkorina:20131123134024j:plain

 

役場ではしずえがすごく眠そうな顔をして待ってました。

ちなみに現在時刻は1時40分。私の手違いで村中の人に迷惑かけまくってます。すいませぬ。

 

f:id:Hokkorina:20131123134223j:plain

 

そんなしずえも営業スマイル。こんな村長の秘書になってしまってかわいそう。

おい森の頃はとび森に憧れて木のまわりにマイデザを貼って「シンボルツリーもどき」を作ってたものです(笑)

 

f:id:Hokkorina:20131123134243j:plain

 

住人が広場に集まった前で木の苗が渡されます。夜遅くにもかかわらず強行するしずえもなんというか…

 

f:id:Hokkorina:20131123134252j:plain

 

運命の瞬間。住人の笑顔に見守られるなか、心をこめて苗を植えます。

 

f:id:Hokkorina:20131123134256j:plain

 

今まで普通の住人だったホッコはめでたく村長に昇格。

 

f:id:Hokkorina:20131123134308j:plain

 

この日は11月8日。とび森1周年の日ということでむりやり合わせました(笑)

 

f:id:Hokkorina:20131123134321j:plain

 

ゲーム内の話でもこう言われるとやっぱ嬉しいですね。やたらと持ち上げてくれるゲームっていう。

 

f:id:Hokkorina:20131123134325j:plain

 

こう言われたあと、さらに心に打たれたのは「村長はもうゆっくりなさってください」というしずえの言葉。

この日までひたすら探してきた村。やっと巡り会えた安心感もあって大きな安らぎを覚えたホッコ村長でした。

 

今日からはじまるななつき村の暮らし。きっとたくさんの出会いが待っているはず。