ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

真夏日を歩く

f:id:Hokkorina:20140819163626j:plain

 

昨日の帰り道。

2日前に学校に来たときに「ステッカーなしの自転車で来たときは昼までに届け出をしろ」と言われ、

昼からしか学校に用がない私は話がややこしそうなので割り切って真夏日の中を歩いてきました。

文化祭では音響担当なので特にすることもなく、結局は冷房の効いた教室の中で絵を描いていただけという。ただの電気泥棒ですね。

 

f:id:Hokkorina:20140819163630j:plain

 

自転車と違って歩きだと写真を撮るときのフットワークがかなり軽くなります。

「自転車を止めて下りて…」っていう余計な動きがいらないので(どーでもいいものも含め)いろんな写真が撮れちゃいます。

こんな風にいきなり飛び出してきた猫も何のその。撮るかどうかちょっと迷って遠いところまで行ってしまったのはさておき。

どこかで見たことがあるような気もしたんですが、過去の日記を見てもそれっぽい猫は見当たりませんでした。たぶん。

 

f:id:Hokkorina:20140819164436j:plain

 

石でもあるのかな…と思ってよく見たらカメでした。甲羅干し中っぽい。

これでもう少し水が澄んでいたら青空が水面に映ってきれいだったんですけどね。

 

歩きながら写真を撮ってその楽しみに浸っていると「歩くことができるありがたさ」をつくづく感じます。

歩ける、歩けないかで見える世界は大きく変わってきます。歩けるということはすばらしい。

…と私が言って説得力があるのかどうかは分からないんですが、こういう身近なものにこそ一番感謝すべきだと思うんです。

 

ところで、昨日から右下の親知らずの辺りがちょっと痛いです。そろそろ本格的に(?)顔を出してくるんでしょうか。