ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

はじめてのサイコン

f:id:Hokkorina:20140826080005j:plain

 

今月6日に自転車を買い替え、それに合わせて買ってみたのがこれ。

自転車好きの方は誰もが知っている速度計…でもあるけど正式には「サイクルコンピュータ」というものでございます。

「コンピューター」が付くとすごい高性能な感じがしますよね。そしてすごい高いイメージを持ってしまいますよね。

…もちろん私もその一人。だったんですが!これが自分が思ってた以上に安かったんですよ(笑)。

ここ一年ぐらい買うかどうか悩んでたけど思いきってポチッとしましたよ。

 

f:id:Hokkorina:20140826080010j:plain

 

これ、一番安い部類にも関わらずやたらと機能が多かったりします。初心者の私にとっては、の話。

リアルタイムの速さはもちろん、時計、走行時間、走行距離、最高速度、平均速度、消費カロリー、CO2削減量、そして積算距離まで!!

ちょうど親指を置いている部分にボタンがあって、そこを押すと上の順番で画面が切り替わるんです。これだけでも十分ですって。

ちなみに今表示されてる「39.4」というのは昨日走ってきたときの最高速度。

そして1枚目で表示されてる「48.86」は積算…ではなく一日で走った距離。こうやって数字で見せつけられると自分でもびっくりですよ。

昨日なんて学校帰りにノリでそのまま行ってきたのにこんなにもなるなんて。どこか設定をまちがえてたりして…

 

f:id:Hokkorina:20140826080019j:plain

 

自分の中では一番大事な積算距離はこれ。1ヶ月もたたない間に100キロを余裕で超えてしまいました。

何が大事なのかというと、要は「どのタイミングで自転車の空気を入れるか」っていうこと。それだけの話です。

一応今は150〜200キロごとに空気を入れようかな〜と思ってます。このペースがはたしていいのか悪いのかはさておき。

あとは私の立場での意見を書くとすれば…速さを表示してくれるのが思いもしなかった形でかなり便利。

1人で走ってるときにペースを気にしながら走ることができるのはもちろん、

2人や3人で走っているときに「これぐらいの速さで!」って言われたときに同じ速さを正確にキープできます。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20140818133236j:plain

 

さっき「学校帰りでそのままノリて行ってきた」なんて軽く書いたものの、行った場所は全然軽くないです(笑)。

今まで八尾から河内長野まではよく行ってたので、この日は大阪で唯一の「村」である千早赤坂村を目指して走ってました。

はじめのうちは坂道も含めて順調だったのに、途中の分かれ道で村の中心とは逆のほうに曲がってしまい気づいたら山越えのような道に。

「それだったらせめて県境までは…!」と思ってひたすら走り、途中から限界を感じて自転車を押して登っても山道は続くばかり。

このままどこまで行ってしまうのか不安になりながら登っていると…まさかの形で詰みました。

カーブを曲がった先にあったのは「水越トンネル」と書かれた2000メートル以上の長いトンネル。

トンネルは車の音がうるさいぐらい響いていて、まわりが山に囲まれている中でここだけ異様な空気に包まれてました。

その脇には峠に向かう細い道があったものの、水がない状態でこれ以上進むのは危険だと判断。

とりあえず、少し手前にあったトイレで冷たい水を顔と腕に浴びせて、びしょびしょのまま自転車を漕ぎはじめました。

これまで1時間近くひたすら登ってきた坂を下りるのにかかったのはわずか10分。「39.4」というのはそのときに出た最高速度。

もうね、これだけスピードが出ると誰でも気持ちいい!これがあるからあれだけ登れたようなものですよ。

下りるごとにどんどん暑くなっていくのが自分でも分かるぐらい。それぐらい速いスピードだったんです。

 

とまあ、そんなことがあってのこの数字なんです。っていう意味のない話でした。

写真は撮る余裕がなかったので使い回し。ハンドルの付け根に付けてるんですけど黒いせいであんまり目立たないです。

 

 

*****

 

 

キャットアイ(CAT EYE) CC-VL820 VELO9 ブラック

キャットアイ(CAT EYE) CC-VL820 VELO9 ブラック

 

 

キャットアイ(CAT EYE) CC-VL820 VELO9 ホワイト

キャットアイ(CAT EYE) CC-VL820 VELO9 ホワイト

 

 

何気にホワイトカラーもあったりするこの速…じゃないサイクルコンピュータ

私はホワイトが欲しかったんですけど、 ちょうどポチろうとしたときに「入荷予定日は8月20日です」とか出てきて。

私としては15日の実家行きに間に合わせたかったのでやむを得ずブラックを買いました。

それが届いたのも当日の出かけるちょっと前というドンピシャの時間ではあったけど。正直かなりヒヤヒヤしてた。

 

あと私が買ったのは有線式というコードがびろ〜んと伸びているタイプ。逆に無線式もあります。

有線式はコードの始末がめんどくさいけど、電池は持つし値段が安いしということでよほどの理由がない限りこっちがおすすめです。

 

これのメーカーである「CAT EYE(キャットアイ)」のことを昔は「かていぇー(?)」だと思ってたのはここだけの話。

タイトルを「かてぃえーのサイコン」にしようかと血迷ったけどさすがにやめました。