ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

文化祭のポスター #6

f:id:Hokkorina:20140901172032j:plain

 

「え!?まだパネルの色塗ってないん?」「こんなんで間に合うん?」

先週、パネルに紙を貼り付けてからずっとこんなことを言われ続けてきました。

そりゃそうですよ。なんたって文化祭は今週の土曜。そしてパネルの締め切りは前日の3時。今日を抜くとあと4日しかないんです。

今日学校に行くまでは「もしかして木曜が締め切りだったりして…」と首が切られるような思いでハラハラしてたんですが、

金曜であることを聞いてなんとか首がつながったように感じました(汗)。

 

f:id:Hokkorina:20140901172117j:plain

 

いやぁ、それにしてもこの光景はホントなつかしいです。

去年もこんな風にパネルの上にノートを乗せて、そこに自分も乗って書いてたんですよ。

校内の見回りでやってくる学年主任の先生も「お、お前今年もか!」と完全に覚えられているような口ぶり。

何もかもが去年と同じ。愛用のシャーペン、消しゴム、筆箱、そしてノートに至るまで。

(もちろん消しゴムは何度か新しいものに変えてるけど)

 

f:id:Hokkorina:20140901172542j:plain

 

そして、残念なことに誰もいない教室でひたすらパネルを書きつづけるのも去年と同じでした(笑)。

早く完成させるには手伝ってもらうのが手っ取り早いんですけどね。やっぱり下書きは自分がするのが一番だと思うんです。

特に私はバランスをめちゃくちゃ気にする人なので、少しでも不満があると何度でも書き直してしまいます。

その書き直すものがお手伝いさんに書いてもらったものだとちょっと申し訳なく思えてくるわけで。そう思いますよね?

 

あ、2年前はどうだったのかというと、私が真剣に書いている横で女子2人がトムとジェリーみたいに走り回っていたり、

いきなりポケット将棋を持ってきて「今からやろうぜ」と言わんばかりの顔でこっちを見られたり。今となっては楽しい思い出です。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20140901172700j:plain

 

別名、冬の特等席。

 

f:id:Hokkorina:20140901174331j:plain

 

ダンスの曲を流すためのスピーカー(先週の写真)がこれまたモンスター級に電池を食うそうで。毎日のように電池を替えてます。

 

f:id:Hokkorina:20140901174545j:plain

 

結局、一人になってからは写真を撮ったりして何もせずに過ごしてしまいました。

それでもって最終的に一日にどれだけ進んだのかというと…たったこれだけ。

パネルを書いているときは「めっちゃ仕事してるやん!」という実感があるんですが、そのギャップが悲しいぐらい大きいです(笑)。

あ、もちろんずっと一人だったんじゃなくて途中までは何人かと固まって書いてたんですよ!ホントですよ!!(←

 

f:id:Hokkorina:20140901175229j:plain

 

私はもう慣れたけど、一人でひたすらパネルを書くというのはそこそこメンタルが強くないとできないです。

孤独を通り越してだんだん頭の中がからっぽになってきます。無心状態。

…でも今日は一人になってから何もしなかったんだった(汗)。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20140901180031j:plain

 

教室を出たのは6時前。

昼からずっと降っていた雨も止み、おだやかな夕日が差してきました。

 

つづく。

タイトルは「ポスター」だけど正式にはパネルらしいです。

これは1年のときに私が勘違いしてそのまま日記のタイトルに付けてしまっただけで、

あえてその流れで2年のときもこのタイトルで日記を書いてきました。

ちなみに#1が1年のとき、#2から#5が2年のときに書いたもの。

私にとっては黒歴史でしかないんですけど、気になる方は「文化祭のポスター」のカテゴリーからチラ見してもらえるとうれしいです(^^*)