ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

はじまりと終わり

f:id:Hokkorina:20140731142856j:plain

 

2014年、夏。

7月に自転車で長い距離を走ってから自転車のチェーンがおかしくなり、8月のPL花火の直前にパンク。

それからしばらく父のクロスバイクに乗ってみたり、やむなく買った新しい自転車に慣れるために走ってみたり…

とにかく自転車を乗り回した年でもありました。

今年は今までとは違い、旅行や日帰りで遠くに行ったりしたことは一度もなく、そもそも大阪から一歩も出ないほど。

はじめのうちは「ずっと大阪で過ごす夏なんて…」と思ってたのに、今や真っ盛りの頃が恋しくて仕方ありません。

 

きっかけはこの写真から。

白く光る雲。天を目指す草木たち。この道の先には果てしない未来が待っているように感じました。

ただ、道は途中で途切れているように見えるし、その先は雲にかかって暗くなっています。

夏のはじまりであるとともに、夏の終わりを感じる風景。

今はアブラゼミにかわってツクツクボウシが鳴くようになり、虫の音も少しずつ聞こえてくるようになりました。

もう、あの頃のような力強い雲が見られることはないでしょう。これからは少しずつ冬に向かって歩んでいくのです。

 

2014年、夏。

ただ遠出をするだけでは得られない、何か大切なものに気づかされた年のように感じました。

 

 

*****

 

 

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2014夏」

写真は7月31日の日記「夏と空と入道雲」より抜粋。