ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

月に照らされて #1

f:id:Hokkorina:20140909200751j:plain

 

昨日、カメラ片手にいきなり家を飛び出した話。

そのお目当てはもちろん、2日前のお月見につづいてのスーパームーン

夜に写真を撮りに行くことはめったにないので、月以外にもたくさんの写真を撮ってきました。

移動手段はもちろん自転車。サイクリングロードに沿って南へと走っていきます。

 

1枚目は大和川を渡って藤井寺に入ったところ。

残念ながら雲一つない…とはいかず、おぼろ月夜のようなムードになってました。まぁ、これもこれで秋らしくていいですよね。

ここから石川の河川敷まで坂道を下りていきます。

 

f:id:Hokkorina:20140909203040j:plain

 

近鉄道明寺駅の近く。市街地にしてはめずらしく吊り橋のような大きな橋がかかってます。

駅が近いこともあって意外とここを通る人は多いです。やっぱり揺れるのかな…

 

f:id:Hokkorina:20140909204931j:plain

 

高速道路をくぐり、さっきの近鉄の線路もくぐり、さらにもう一本高速道路をくぐると、あたりはいよいよさびしくなってきました。

藤井寺を過ぎ、今私が走っているのは羽曳野から富田林に入ろうとしているところ。

このサイクリングロードは八尾から河内長野の近くまで続いてるんですが、その中でもこの辺りはダントツでさびしいです。

 

f:id:Hokkorina:20140909205634j:plain

 

普段は昼間しか走らない私。それだけに夜の顔は知るべくもなく、まるでまったく違う道を走っているよう。

もうすぐ9時を回ることもあってか、自転車どころか歩きの人ですらほとんどすれちがうことはなかったです。

この写真を撮ってから三脚をしまっているときに、後ろから歩いてきた人に見られたのはちょっと気まずかったけど(笑)。

さすがに手持ちは無理なのでリュックに三脚を入れてたんですよ。それで撮るごとに自転車を邪魔にならない場所に止めて。

 

f:id:Hokkorina:20140909210227j:plain

 

だんだん背の高い茂みが迫ってきます。

自転車だったら平気で通れる道でも、ここを歩けと言われたらちょっとこわいかも(汗)。

たぶん月がなかったらもっと暗いんでしょう。あ、ちなみに写真はちょっと明るくしてるので実際は真っ暗です。

 

f:id:Hokkorina:20140909211621j:plain

 

どこまでもつづく道。明かりらしきものは月以外にほとんどありません。

右を向いても茂み。左を向いても茂み。前を向いても先の見えない道が続くばかり。

ところでこの場所、私にとってかなりの思い入れがあるんです。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20140731142856j:plain

 

その答えはこれ。「はじまりと終わり」というタイトルをつけた写真。

力強い入道雲が広がる空もすがすがしくていいんですが、包み込まれるような夜の空は見ていると何かホッとします。

昼の顔。夜の顔。みなさんはどちらが好みでしょう?

 

#2につづく。