ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

秋よ、届け #1

f:id:Hokkorina:20140911162911j:plain

 

今日は秋分の日。

日が短くなるのも、稲穂が金色になるのも秋を感じるものですけど、今年は涼しいこともあって風がとっても気持ちいい。

なんだか…夏を越した風がはるばる秋を届けてくれたように思えてきます。

 

f:id:Hokkorina:20140911163303j:plain

 

夏から秋へ。

二つの季節を感じさせる、一枚の写真。

 

f:id:Hokkorina:20140911163432j:plain

 

首を傾けて見上げる空。空ほどまぶしいものはない。

この二枚については少し前にこんなことを書いてました。「今年最後」を見守る…か。

 

f:id:Hokkorina:20140911163456j:plain

 

夏の名残の中を吹き抜ける、冷たい風。

ちょっぴりさびしいこの季節も、カメラを片手にあちこち見回しているといつの間にか好きになってしまうのがふしぎです。

学生的には自転車を走らせていてもあまり汗ばまないのがありがたいところ。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20140911171700j:plain

 

標高と一緒に時代もさかのぼっていきます。

ここまで来るとさすがに自転車は辛くなってきたので、この辺りから歩いて進むことに。

逆に言えばここまでずーっと自転車で登ってきたんですよ。こんなことを繰り返してる私の足には筋肉が…(笑)

 

f:id:Hokkorina:20140911172503j:plain

 

忘れられた花。

なす畑の中にぽつーん…と心細そうに立ってました。

 

f:id:Hokkorina:20140911172658j:plain

 

この先の分かれ道で最初はまっすぐ進むものの、明らかに体力が持たないことに気づいて引き返し、もう一つの道へ。

近くにあった地図によるとこんな山道が10キロ以上続いているとか。そりゃ無理だわ(汗)。

 

f:id:Hokkorina:20140911174836j:plain

 

町に向かう道を、一山、二山と越えていきます。

…文字はただ大きくしたらいいという問題ではないのです。

 

#2につづく。

今週のお題「秋の気配」