読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

小さな京都 #1

f:id:Hokkorina:20141012143616j:plain

 

10月12日。

台風がやってくる前の日というのに、ちょっと風が強いぐらいでおだやかな日でした。

 

この日の私は、自転車できょんさんの個展を見に奈良へ。

9月の真ん中にも京都、滋賀へ行ってきたので、これで自転車だけで2府2県を走ったことになるんですね…ええ
(; ・`ω・´)

 

f:id:Hokkorina:20141012144247j:plain

 

奈良まで20キロ。

私にとってはまだまだ余裕のある距離。

山越えさえできれば忍者で有名な伊賀ぐらいまで行けると思います(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20141012154412j:plain

 

思えば、自転車で奈良に来たのは3年ぶりなんです。

そのときは奈良市内までは行かなかったものの、帰りの坂道で足がへとへとに。

ただ、その坂道を下りるときがすごい気持ちよくて…自転車であちこち行くようになったのはこのときがきっかけなのかも。

 

f:id:Hokkorina:20141012160355j:plain

 

「熊出没注意」のことかと思ってたら、まさかのこれ。

いや、それ以上にドキドキしたのは川を渡るこの橋ですよ。

重量制限とか何も書いてないし。自転車が通れるのかどうかも分からないし。

思い切って自転車で渡り切って、オロオロしながら右に曲がるところを左から来た中学生(たぶん)に変な目で見られました…

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20141012161514j:plain

 

ちょっと遅めに家を出たせいか、思ったよりも日が早く暮れてきました(;´Д`)

個展は夜の6時までやってるし、まぁ5時ぐらいに着いたらいいかなーと思ってて。

 

f:id:Hokkorina:20141012162515j:plain

 

空に浮かぶたくさんの線が、私たちを封印している。

好き勝手にさせまい。そんな自分勝手な生き物のために。

 

どうしても電線が入ってしまうときは、逆に電線にまつわる物語を想像してみる。

別に植物を苦しめてるのは電線とは限らないけどね!((←

 

f:id:Hokkorina:20141012163024j:plain

 

この木も、夏は葉っぱがざわざわしていたに違いない。

見えないところでどんどん季節が進んでいく。10月というのはそんな悲しい季節でもあるんです。

 

このあたりでずーっと写真を撮ってたら、いつの間にかバッグに茶色いツブツブみたいなのが付いていて。しかも簡単にポロッと落ちてくれない。

さらにズボンのひざから裾にかけても同じようなものが付いてました。

どうも手前にあった植物に当たったことで付いたものらしく、全部落とすだけでも10分ぐらいかかりました(笑)。

しかもその様子を同い年ぐらいの女子に変な…いや、別に変な人じゃないんですよ!!

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20141012165805j:plain

 

途中でのんきに写真を撮っていたこともあって、奈良市内に入るまで2時間半もかかりました(汗)。

店の場所はちゃんと調べたし、すぐに見つかると思ってたはずなのに…あれれ??

そうして自転車でうろうろ迷ってたら、奈良のアレと真っ向から対立しそうなものを発見。

 

しかまろくん。

正直、シカのなりかけみたいなアレよりもこっちのほうが…って思いません?(´・ω・`)

ありがち感はあるけど絶対こっちのほうがかわいい。 

 

#2につづく。