ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

2014年のクリスマス #3

f:id:Hokkorina:20141213155501j:plain

 

#2のつづき。

 

広場から一階上がったところにもまた、たくさんのクリスマスの雑貨が並んでました。

こういう小さいものは結構好みでして…はい、つまり欲しいんです((←

とはいえ、買ったとしてもクリスマスが終わったらしまうことになるし、こういうのは見ているのが自分のためかも。と言い聞かせておこう。

それでもずーっと心残りだったのがライトハウス。キャンドルじゃなくて電気で光るやつ。

まだ店に残ってたら思い切って買ってしまおうかな。そう思ってたのに昨日来たときにはきれいさっぱり無くなってました。それも店ごと…

 

f:id:Hokkorina:20141213155547j:plain

 

クリスマスってほんとに光が多いですね。まさに光のお祭り。

小さな店の中でもこんなにきらきらと光ってます。

 

f:id:Hokkorina:20141213155702j:plain

 

階段を下りて広場に戻ってきました。

やっぱりクリスマスマーケットのこの雰囲気が一番好きです。

小さなスペースにびっしりと並べられた人形たち。そして上からもいろんなものがぶら下がっている。

 

f:id:Hokkorina:20141213160044j:plain

 

前についている顔のように、後ろ姿にも訴えるものがあると思うんです。

後ろ姿を見るとなんとなくどんな顔をしてるのかも分かってしまう。

顔を想像したらそこから何を考えて…そこまでは考えないほうがいいですね(-_-;)

 

f:id:Hokkorina:20141213160214j:plain

 

広場でこれを見つけた人はかなりの目利き。というかまわり見すぎ。

それぐらいさりげなく広場にとけ込んでいて、まるで昔からあったかのように思わされます。

はなやかなヒンメリのすぐ近くで、その光を受けながらもひっそりと時を刻んでいく。

人間に例えるなら、シルクハットを深々とかぶって、ふさふさのひげを生やしたおじいちゃんみたい。きっとあの方が一番近いです。

 

f:id:Hokkorina:20141213160401j:plain

 

1時間ほど過ごしてから、ようやく祝祭広場をあとにしました。

#4につづく。

 

 

*****

 

 

ヴィレッジハウス グロッサリー 15332

ヴィレッジハウス グロッサリー 15332

 

 

アマゾンで買うのもなんか夢がないですよね…うーん(-_-;)