読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

2014年を振り返り

f:id:Hokkorina:20141231073403j:plain

 

2014年。最後のお仕事がやっと終わりました。

私、年賀状に関してはまったく計画しない人で、毎年必ずクリスマスを過ぎてから出してます。

そんな私に母がしつこく「いつになったら出すん!?」とヒステリックに言ってきて、こういうのは私ぐらいなのかと心配になっていたところ、

今朝のラジオの「今日の夜中から年賀状書きはじめました!」というDJさんの声でちょっと安心しました(笑)。

 

というわけで、今年も写真を通じて2014年を振り返ってみます!

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20140101075535j:plain

 

1月1日。

今年のファーストショットは初日の出でした。

元旦は何もかもが神聖に感じられますね。日の出といい、空の色といい、透き通った空気といい。

小さい頃に「神さまが大晦日にせっせと空のお掃除をしていたんだよ」なんて話も聞いたものです。

明日の天気予報は雪。2015年の初日の出は見られないかもしれないですね…

 

f:id:Hokkorina:20140214215603j:plain

 

2月14日。

大阪ではめずらしく一日中雪が降ってました。

この日は学校。雪道に慣れていないだけに、自転車で走っているとズルッと行ってしまいそうでかなり怖かったです。

学校での話によると、私が想像してたように本当に自転車で滑って、そのまま田んぼに突っ込んでしまった子もいたとか…

大寒から立春の間が一番寒いとよく言われるけれど、これだけ雪が降るのは決まって2月の真ん中あたりのような気も。

 

f:id:Hokkorina:20140331154856j:plain

 

3月31日。

今年4月に閉館した交通科学博物館に行きました。

小さい頃に何度か来たことがあって、閉館までにもう一度、そんな思いがあったんです。

覚えているもの。覚えていないもの。それでも昔の記憶の中にタイムスリップしたみたいで、本当に楽しい一日でした。

ここが閉館してからは京都に移るらしいけれど、行きたいような、どうでもいいような、ちょっと複雑な気持ちです。

 

f:id:Hokkorina:20140424110325j:plain

 

4月24日。

学校のクラスでバーベキュー。

別に写真を撮っていたから、とは言わないけれど、この日の私はほとんど何もやってません。

やったといえば、誰かが一袋ごと溶かしてしまったチーズの残りを食べ切ったこと…ぐらい。さすがにちょっと気持ち悪かったです(笑)。

そこそこ食べたおかげで動くのがおっくうになり、このあとの自由時間ではひたすら花の写真とか木の写真を撮ってました。いやだって動けないもの。

 

f:id:Hokkorina:20140506162721j:plain

 

5月6日。 

2年前の秋以来、1年半ぶりに泉佐野まで自転車で走ってきました。

久しぶりすぎてちゃんと帰って来れるか不安だったものの、この1年半で鍛えられた(?)せいか、むしろ行きはすごい余裕でした。

ただ、帰りになると少しずつ足が動かなくなっていき、ついには頭がぼーっとしてきました。

このまま走っていると倒れるかもしれない。だんだんと身の危険を感じてきたので、急遽マクドで一休みすることに。

そのときに飲んだストロベリー味のマックシェイクは本当においしかったなぁ。

 

f:id:Hokkorina:20140603121950j:plain

 

6月3日。

最後の体育祭。赤団のパネル係だった私は「赤團」の文字とトランプの輪郭線をひたすら書いてました。

競技では結果は出せなかったものの、パネルで一位を勝ち取ることができて、手掛けた一人としてちょっぴりうれしかったですね。

今年は青団と黄団のパネルがよくも悪くもぶっ飛んでたのもあるかもしれないけど…

あ、そういえばこの日、朝のホームルームまでに体操服に着替えないといけないのを忘れていて、トイレで大急ぎで着替えてたんです。

そのときに財布を落としたのに気づかなくて、さらに他の誰かにその財布を便器の中に入れられてたんですよ。あれは思い出したくない(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20140731142856j:plain

 

7月31日。

前の日に自転車がパンクしてしまい、使えるものといえば一度だけ乗ったことがある父のクロスバイクぐらいになってしまいました。

だけど、自転車で行くつもりだったPL花火はもう明日にまで迫っている。じゃあせめてその練習をと、向かった先は夏真っ盛りの道。

空は青く、雲は白く、草木はきらきらと輝いていて、今となっては夏がとても恋しいです。

これだけ季節を想うようになったのは、この日、この場所でみた風景がきっかけかもしれません。

 

f:id:Hokkorina:20140815141433j:plain

 

8月15日。

8ヶ月ぶりに母の実家に帰りました。 

部屋に入るなり、おばあちゃんがおはぎを出してきて「これを食べなさい」と。

ひんやりと冷たくて、だけど素朴な味わい。本当においしかったです。

最近のおばあちゃんは絵にハマっているらしく、私が食べているときにうれしそうに見せてくれました。

おだやかなひととき。大切に過ごしていきたいです。

 

f:id:Hokkorina:20140915181032j:plain

 

9月15日。

そのうち自転車で琵琶湖行きたいなぁ…なんて冗談まじりにつぶやいてたら、自転車友達が本気で乗り出してきて。

それを拒否するわけにもいかず、綿密にルートを調べた上で私と二人で行ってきました。

帰りの京都まで戻ってきたあたりで日没を迎え、お寺のシルエットが似合いそうな、とてもきれいな夕焼けを目にしました。

時間がなくて行きも帰りも素通りしていたけれど、今度は琵琶湖まで行かずにゆっくり京都を回ってみたいです。

 

f:id:Hokkorina:20141024152615j:plain

 

10月24日。

この日は私の誕生日。何か新しいことに挑戦しようと思い、学校帰りにいきなり近所の山まで上ってきました。自転車で。

今までは使い方が分からなくてタンスの肥やし状態だった「ジオラマっぽく撮る」モード。

それが、ここから町を見下ろしたときにパッとひらめいたんです。こういうところで使うものなのか、と。

新しい一日がいいスタートを切れると気持ちのいいものですね。

 

f:id:Hokkorina:20141127161830j:plain

 

11月27日。

次の日で6時間授業が終わるのを前に、夕日が差してくる中庭をぶらりと歩いていました。

この頃はまだ色づいていた中庭の木も、今では寒々しい姿に変わってしまいました。

おととしにこの学校に入って、去年は修学旅行に行って、来年には卒業だなんて早すぎます。

後悔のないように、今を精一杯生きなければ。そう身をもって感じました。

 

f:id:Hokkorina:20141213204312j:plain

 

12月13日。

今年は一眼を持ってのはじめてのクリスマス。

今までのカメラだとあきらめていたところでも、一眼だと簡単にきれいに映し出してくれる。

そこから見えた世界がまた新しい発見となり、いつも以上に楽しいクリスマスを過ごすことができました。

自分の身がどうであれ、来年のクリスマスは楽しみなことに変わりはないのです。楽しいことは思いっきり楽しまないと。

 

 

*****

 

 

こうして振り返ってみると、1月の初日の出がつい最近のことのように思えてくるんです。

なのに、去年の修学旅行はそれからたったの4ヶ月前なのに、まるで大昔のことのように思えてしまう。何だかふしぎですね。

一年を通して自分が変わったなぁ…と思うのは、やっぱり7月の最後の日。

あの日に自分の中で何かのスイッチが入り、変わりゆくもの、過ぎていくものが、とても愛おしく感じるようになりました。

それからというもの、より身近なものにもカメラを向けるようになり、気づけば今年だけで2000枚近くも撮ってました。

もちろん写真は数がすべてじゃないし、もっと大切なものもあるけれど、これは私の心情の表れのような気もします。

 

そして、今年ははじめて日記を365日書きつづけた年。

去年の5月にうごメモが終わったのがきっかけに、何を思ったのか日記を毎日書くようになったんです。それが今日までずっと続いてきました。

思えばうごメモをしていた頃も「2週間に1回はメモを投稿する」と決めていました。その流れといえばそうなんだけど。

というわけで、これまでの12枚の写真が入っている日記を掘り出してきました。

日記をはじめたばかりの頃は上げる写真がなくて「写真を掘り出す」なんてことをよくやってたんですよ。なつかしいなぁ。

 


1月:2014年の初日の出 - ホッコの部屋

 


2月:雪につつまれた夜 - ホッコの部屋

 


3月:思い出との出会い #1 - ホッコの部屋

 


4月:春のバーベキュー #1 - ホッコの部屋

 


5月:3度目の泉佐野 #1 - ホッコの部屋

 


6月:最後の体育祭 #1 - ホッコの部屋

 


7月:夏と空と入道雲 - ホッコの部屋

 


8月:実家のひととき #1 - ホッコの部屋

 


9月:宿泊研修をもう一度 - ホッコの部屋

 


10月:新しい一日に #1 - ホッコの部屋

  


11月:秋を踏みしめて #1 - ホッコの部屋

 


12月:2014年のクリスマス #1 - ホッコの部屋

 

 

*****

 

 

日記を書いている途中、今年最後の日も沈んでしまいました。

「初日の出」はあるのに「終日の入り」なるものはないんですね。当たり前だけどちょっと気になってます(笑)。

今年はいろんな新しいことにチャレンジした年でした。自転車で琵琶湖まで行ったのもそう。学校の行き帰りに山道を走るようになったのもそう。

今だからこそできること。今しかできないこと。これを常に意識して、来年も自分にとって実りのある一年にしたいです。

 

最後になりましたが、今年もホッコの部屋を見ていただき、本当にありがとうございました。

来年も皆さんにとって実りのある一年になりますように。よいお年を!

 

今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉