ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

2015年の初夢

f:id:Hokkorina:20141103073728j:plain

 

コンクリートでできた、空に浮かぶ上り道。

それを何人かで歩いていると、急な坂で歩き疲れたのか「もうこんなんやってられへん」とまわりの人が引き返してしまい、気づいたら自分だけ。

それでも私は一心に上っていき、ついには雲の上にたどり着きました。

そこは直径20mぐらいの丸い雲でできていて、真ん中には太いツタが雲を突き抜けて伸びていました。

ふと左に目をやると、30人ぐらいの若い男の人が円を描いて座っていて、その目線の先にいたのは…

 

っていうのが今日の夢。初夢ですね。

実はここ3日、はっきりとした夢を毎日見ています。昨日は高校で突然消えた子に「◯◯、よろしくね」と名前で声をかけられたし。

今日の夢に出てきた「雲の上」はまるで天国への入り口のようでした。ここから天国へと飛び立つのかな?という感じで。

こんな夢を見るのははじめてなだけに、何かの暗示なのかちょっとこわいです。