ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

最後の授業

f:id:Hokkorina:20150109172438j:plain

 

最後の15日間が終わりました。

 

始業式から今日で15日目。

15日といえばちょうど半月だし、1年間で考えたら短いけど実際はそうでも…

と思っていたらあっという間に過ぎてしまい、明日からは打って変わって春休みのような日々に。

「しばらく来なくてもいいよ」と言われても、受け入れがたいような、ちょっと複雑な気持ちです。

 

f:id:Hokkorina:20150109173218j:plain

 

これだけ短く感じたのは毎日が4時間だったから?

いや、でも吹奏楽のお手伝いで居残ったりしてたからそうじゃないはず。

 

f:id:Hokkorina:20150109173327j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150109173505j:plain

 

うちの学校は3年になると3学期の学年末テストがなくなるんです。

そのかわりに日々の授業の中で小テストをしたりして、主にそこから3学期の成績を出す、という仕組み。

特に、昨日の古典のテストは2月の過ごし方に大きく関わるほど大事なもので、始業式の頃から点数が取れるかすごく心配でした。

きっといろんな心配事をしているせいで早く感じたんでしょう。きっと。

 

f:id:Hokkorina:20150109174112j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150109174319j:plain

 

最後の授業となった3時間目。これがまさかの体育。

 

いつも3時間目が終わるとパン屋さんの方がやってきていろんなものを売ってくれます。

私は何も買わなかったものの、唐揚げを買った友だちからいいにおいがして「めっちゃおいしそうなにおいするねー」って声をかけたら、

一個口をつけてないやつがあるから、と言って半分食べたものを私にくれたんです。

体育の授業でもろくなこともできなかったのに…やさしすぎます(´ノω;`)

 

f:id:Hokkorina:20150109175131j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150109175424j:plain

 

あと2日通ったら卒業式。ますます信じられなくなってきました。

…が、成績のことで呼び出しを食らうかもしれないし、そもそも吹奏楽のことで3日ぐらい学校に行かないといけないことになっているし。

卒業まで案外お世話になっているかもしれません(笑)。

 

それでも、大学ではないところに進む私にとって、高校で最後を迎えるものも少なくはないはず。

今日という一日は、確かに何かが終わりを迎えた日でもありました。