ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

さよなら音楽室 #2

f:id:Hokkorina:20150114144935j:plain

 

#1のつづき。

 

昼を食べ終わってしまったら、他の学年が終わるまでひたすら待つのみ。

友だちと交互にピアノを弾いたりするものの、自分が弾いてないときはかなり暇なので、その傍らでホコリにまみれながら写真を撮ってました。

こういうものをモノクロで撮るとかっこいいのかなー、とか思いながら。

 

f:id:Hokkorina:20150114145041j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150114145347j:plain

 

…でもやっぱりストーブにくっついているのが一番(笑)。

うちの音楽室はストーブが4つもあって、いつも赤々としているから部屋がとってもあったかいんです。

それに比べたら家の中はとにかく寒い。最近はパジャマを脱がないまま部屋着を着ているぐらい。

何より困るのは、寒いと指が動かなくてろくに弾けないんですよ。いつの間にこんなに冷え性になってしまって…

 

f:id:Hokkorina:20150114145700j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150114150139j:plain

 

先生にしてはめずらしく、こんな言葉をこぼした日もありました。

「俺が高校生のときはいろいろかわいがってもらったからな。今はその恩返しをしてるんや…」

 

いろいろツッコミどころはあるけれど、どこか憎めない先生。

3年間、ずっと絡まっていた心の糸がようやくほどけたような気がしました。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150114151452j:plain

 

このあとの話は当日に書いた日記へと続いていきます。

 

たくさんの思い出を作った音楽室とも、もうすぐお別れ。

吹奏楽の打ち合わせであと何回か行けるのがせめてもの救いなのかもしれません。

けれど、自分の未来なんて想像できないし、できれば今のままでいたい。今の自分のままでいたい…

 

 

そんな後ろ向きな私を元気づけてくれたのが、今朝ラジオでたまたま流れていた曲。

…ちょっと意味は違うかもだけど。

 

楽しいときなんて、きっとまたやってくる。

未来を信じて。自分を信じて。明日もがんばろうと意気込んだ1月最後の日でした。