ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

しあわせの赤い列車 #1

f:id:Hokkorina:20150201195357j:plain

 

天王寺駅にやってきました。

 

去年からその存在は知っていたものの、なかなか行く気になれずに今年までずるずる引っ張ってました。

けれど、ずっとこうしているわけにはいられない。今日こそは行かないと。

この日はめずらしくくまモンなんか買って食べてたけど、そんな自分に気合いを入れるためでもあったんです。

…いや、単に食べたかっただけですはい(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20150201195617j:plain

 

階段を上って、ちょっと迷ってから内回りのホームへ。

ここで去っていく人を見送りながら、あるものが来るまで待ち続けます。

(ちょっとホーム傾いてる…?)

 

f:id:Hokkorina:20150201195643j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150201200009j:plain

 

最初に止まっていた2本が闇へと消えていきました。

車掌さんの後ろ姿、かっこいいなぁ。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150201200240j:plain

 

だけど…

 

f:id:Hokkorina:20150201200339j:plain

 

いつまでたっても…

 

f:id:Hokkorina:20150201200543j:plain

 

来ない。

今までの自分をふと振り返って、もしかしたら今日は無かったりして…とか、だんだん嫌な予感がしてきました。

別に列車を撮りに来たわけじゃないんですよ。人を撮りに来たわけじゃなくて。私が待っているのはこんなものじゃないんです。

そんな私の思いも、消えてはまた現れる列車にかき消されていくのでした。

 

f:id:Hokkorina:20150201200729j:plain

 

#2につづく。