ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

しあわせの赤い列車 #2

f:id:Hokkorina:20150201200854j:plain

 

#1のつづき。

 

天王寺駅に来てから20分。

環状線は一周回るのに40分かかるらしく、私が着いたときに大阪駅を出た列車はそろそろ来てもおかしくない時間。

ということは、環状線を走る半分の列車に裏切られたのも同然?それもそれでなんか悲しい…(。-_-。)

 

f:id:Hokkorina:20150201200950j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150201201111j:plain

 

1本、また1本と列車が消えていきます。

私が今立っているのは内回りのホーム。手前に列車が止まっていると、はしっこまで行かないと外回りのホームが見えません。

もしかして私の見ていない間に…

 

f:id:Hokkorina:20150201201300j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150201201343j:plain

 

ここにきて、どれだけの人を見送ったのかな。

ドアが閉まるたびに、何とも言いがたい、さびしさのような気持ちがふつふつと湧いてきます。

 

f:id:Hokkorina:20150201201754j:plain

 

人は流れ、列車は去り、時は刻々と過ぎていく。

その中で一人、抜け殻のようにぽつんとたたずんでいました。

 

f:id:Hokkorina:20150201202430j:plain

 

今度こそ。

 

f:id:Hokkorina:20150201202526j:plain

 

#3につづく。