ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

しあわせの赤い列車 #5

f:id:Hokkorina:20150201220201j:plain

 

#4のつづき。

 

いつも思うんです。ジバニャンの親戚みたいな妖怪多すぎやろ!って。

ジバニャンだけを集めたまとめサイトまで見つけて、それを地道に一つずつ数えていくと…

28種類!!これを全部覚えているウォッチ好きって一体…いるのか!?

 

f:id:Hokkorina:20150201220316j:plain

 

それ以前に私、ふぶき姫の存在をはじめて知りました。はい。

なんかあんまり妖怪っぽくないですよね。気づいたら後ろに付いてきて「おかしちょーだい」とか言ってきそう。

…何の妖怪かすら分からないから適当なこと言ってるけど、全然違うこと言ってたらどうしよう。口から冷凍ビーム出されたらどうしよう(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20150201220520j:plain

 

 

 

f:id:Hokkorina:20150201220951j:plain

 

万尾獅子。

この文字を打つのに「あれっ…?」ってなった私。万尾は分かるけど獅子の漢字が出てこない。ところが、調べてみたらあっさり解決。

というのも、今までずっと「まんびしし」なのを「まんびきし」だと勘違いして、

「まんびきし…そっか、万引きさせちゃう妖怪かー」ってとんでもない思い込みをしていたらしい。

…ごめんまんびk…いや、万尾獅子さん!!(ファンの方本当にすいませんorz)

 

f:id:Hokkorina:20150201221032j:plain

 

こうして見るとフユニャンもかっこいいなぁ。でもジバニャンも…

うん。なんかウォッチ沼にずぶずぶハマっていく自分の姿がはっきりしてきました(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20150201223053j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150201224003j:plain

 

22時40分。

2時間もの間、いっしょに過ごした妖怪たちとももうすぐお別れ。

夢のような時間はあっという間に終わろうとしていました。

 

f:id:Hokkorina:20150201224106j:plain

 

#6につづく。