ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

GM1とグリップ #1

f:id:Hokkorina:20150219200804j:plain

 

昨日、iPhoneの箱が届きました。

ぐるぐると巻かれた封筒の中に入っていて、持ってみるとほどよい重みが感じられました。

だけど…なんでこの箱なんだろう。そんな高い買い物をしたはずがないのに。

 

f:id:Hokkorina:20150219201432j:plain

 

ガムテープをそーっとはがそうとする。ちょっと嫌な予感がした。

なるべく箱を痛めたくなかったから、わざわざカッターできれいに開けてみる。

中に入っているのは…プチプチ?

 

f:id:Hokkorina:20150219201744j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150220103200j:plain

 

次の日。

ねじをくるくると回して取り付けてみました。

 

そうです。

iPhoneの箱に入っていたのは、うちのカメラに取り付けるグリップでした。

ちまたでは「ただのグリップなのに値段が高い」ことで有名で、さすがに新品で買うことはできず、

オークションでしばらく粘ってから中古を買ってみました。半額強。

 

f:id:Hokkorina:20150220104631j:plain

 

グリップといっても、それはカメラに靴を履かせるようなもの。

組み合わせたときの見た目、特につなぎ目のあたりはどうなのかな、とか。

いろんな写真を見たり、実際にパナソニックセンターに行って確かめたりして、いざ手元に来てみると思ったより違和感がないんです。

 

f:id:Hokkorina:20150220104722j:plain

 

で、もっと心配だったのがこっち側。

なぜかカメラの形とまったく合ってなくて、このあたりちゃんと考えた?って聞きたくなってしまうほど。

でもですね、自分が心配していたほど心配する必要はなかったみたいです。

グリップだけで見たらこのほうがいいと思うし、「上の銀色の部分に合わせてるんだ」と思っておけばそこまで気にならないかも。

 

f:id:Hokkorina:20150220105337j:plain

 

グリップの横の姿。

今まであんまり気にすることはなかったけど、カメラとグリップの間に少しだけすき間ができるようになっているんですね。

「すき間のせいでガタつく」というのはほとんどなく、作りはかなりしっかりしてそうです。

付ける前にグリップの部分がなぜかちょっとだけねじれてたけど、そこは中古なのでご愛嬌。

…え、これって使っててねじれるもの?(笑)

 

f:id:Hokkorina:20150220105806j:plain

 

あらためて正面から。

「後から付けました」感は確かにあるけれど、だからといって不自然さがあるわけでもない。

いつものサラダに、ちょっとお高めのおいしいドレッシングをかけている。みたいな。

そんなほどよい後付け感(?)がすごーく気に入っているのです。

 

#2につづく。

うちにあるレンズを付けてみたりしました。