ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

冬一番

f:id:Hokkorina:20150123215346j:plain

 

1月23日。

レッスンが入っていた2日後がグレード試験とぶつかっていて、その代わりにこの日、金曜に楽器店へ。

久々にヤマハ友達と会ったりして、なつかしいような、ちょっぴりさびしいような気持ちでした。

心がからっぽになっていくのを感じながらの帰り道。うつろな目で空を見上げると…

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150123215533j:plain

 

家の前まで来ていたにもかかわらず、そこから向かった先はいつもの山の上。

 

f:id:Hokkorina:20150123215718j:plain

 

最初に空を見上げたとき、目に飛び込んできたのはくっきりとした光。

それは、大阪の明るい空にも負けずに光る星たちでした。

きれいなのは星だけではない。山の向こうには光のじゅうたんがいっぱいに広がっているのです。

 

f:id:Hokkorina:20150123215951j:plain

 

上を見たり、下を見たり。

街灯に導かれながら、ゆったりと進んでいきます。

 

f:id:Hokkorina:20150123220213j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150123221055j:plain

 

あっという間に終わりを迎えた20分の光の旅。

家の前でちょっと迷ったものの、この冬一番の星空、夜景を見ることができてよかったです。

星空を見ながら夜景を見る。ささやかな贅沢ですよね。

これ以上澄んだ空は今のところ見ていないし、お隣の国から黄砂が飛んでくる今はもう見ることはできないでしょう。

 

冬がますます好きになりました。