ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

二つの旅立ち

f:id:Hokkorina:20150303084000j:plain

 

3月3日。

わずかに残っていたお湯も切れてしまい、お湯がまったく出ない朝を迎えました。

すでに2年前の9月に一回修理を受けているから、もう何度も修理をするわけにもいかない。

早ければ次の日の昼間に取り付けられると昨日業者さんから言われ、なんと今日のうちに新しい給湯器が来ることに。

なんかあっという間に見納めとなってしまいました。

 

f:id:Hokkorina:20150303095304j:plain

 

場所は変わっていつもの学校。

いつもは8時25分登校なのに、今日に限って9時登校なんて予定表に書いてあるから、もし間違ってたらどうしよう…とか心配してたんですよ。

ツイッターを見ても早々と「いってきます」ツイートをしてる人がいたし。

 

しばらく教室で待機したのち、9時45分ぐらいに教室を出て廊下で整列。

胸の部分に花をつけている人を見た先生は「なんで俺はないんだ」みたいなことを私たちに向かって言ってきました(笑)。

そんな間にふっと下を覗き込むと、この微妙な時間に後輩の姿がちらほら…

 

f:id:Hokkorina:20150303095702j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150303112943j:plain

 

今日は卒業式。

今まで過ごしてきた教室も、すごく気になっていた落書きも、おそらく今日が見納め。

ネットで常に繋がっているような今の時代、昔と比べれば別れの寂しさというものは少ないかもしれないけれど、

それでも…高校の卒業式というのはそれぞれにとって大きな節目となるはず。

大学に行く人もいれば、専門学校に行く人もいる。就職する人にとっては学生生活が終わる日でもあるのです。

 

f:id:Hokkorina:20150303113028j:plain

 

私のクラス、3年6組の担任は体育科の先生でした。

担任となる前から授業を受けていたときも、担任になってからクラスで話を聞くようになってからも、決まってこんなことを言っていました。

 

勉強の話になるとよく「主要5教科」などと言われるが、俺はその呼び方が嫌いでしょうがない。体育こそ大事じゃないのか。

俺は体育の先生だから勉強を教えることはできないが、その代わりに「社会で通用する力」をお前らに学んでほしい…

 

f:id:Hokkorina:20150303124906j:plain

 

仲の良い人と写真を撮ったり、逆に撮らされたりしたあと、いくらか静けさを取り戻した下足室へ。

3年前に入学したとき、このロッカーの蓋のお金がいるということで親と「はぁ?」ってなってしまったのを覚えています(笑)。

指がかじかんでダイヤルがうまく回せなかったり、勢いあまって蓋ごと外してしまったり。

思えば蓋一つにしても、この3年間でいろんな思い出が生まれたものです。

 

ちなみに、蓋を返すときに「スリッパも返したほうがいいですか?」って控えめに聞いてみたら、

「え?いやいや全然お持ち帰りしてええで!!」と笑いながら返されました。そんなわけで手元には使い道のないスリッパと体育館シューズが…(汗)

 

f:id:Hokkorina:20150303125604j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150303130904j:plain

 

門を出たら、もう自分は卒業生。

ただ、この3年間でいろんなことがありすぎて、卒業という実感がまるでないんです。

今日もいつもと同じように山に上って、いつもと同じように猫の写真を撮ったりしていました。

いつもと違うのは「最後の日だから」と言って変に違う道に入って迷ってしまったぐらい。

 

f:id:Hokkorina:20150303133912j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20150303162254j:plain

 

新しい給湯器がやってきました。

 

…いやほんと、卒業の実感がなさすぎて、書いているうちにだんだん自分も冷めてきましたよ。それに眠いし。

もっとね、今日はこう思ったからこういうことにつなげたいとか、こうするべきだとか、

もっといろいろ書こうと思ってパソコンに向かっていたはずなのに…

なんだか書く気すら失せてきてしまったので、とりあえずこの3年間をひとことでまとめて終わりにします。

 

高校生活をちゃんと味わえたのかよく分かりません。

最後の最後でグダグダになってすいません(笑)。