ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

写真の向きが伝えるもの

f:id:Hokkorina:20141008113826j:plain

 

写真というものはたいてい、縦と横のどちらかが長くて一方が短い、いわゆる長方形であるものが多いですよね。

その形ゆえ、横向きと縦向きにはそれぞれ長所があり、自然と使い分けている方も多いかと思います。

たとえば、何人かで自分撮りをするときは横向きだったり、スカイツリーのような高いものを撮るときは縦向きだったり、とか。

その「縦」と「横」。実はこの二つを「あえて」使い分けることで、写真が生まれ変わったようになるんです。

写真を後から加工したりすることが表現のすべてではありません。今日は「こんな表現もできるよ!」っていうちょっとおせっかいな話。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20141008122317j:plain

 

はじめに横向きと縦向きの写真を比べてみましょう。 まずは横から。

人間の目は横に並んでいることから、横向きが一番収まりがいい…というか、落ち着くのではないでしょうか。

この同じ橋を縦向きでも撮ってみました。それがこちら。

 

f:id:Hokkorina:20141008122756j:plain

 

どーん、という感じ。

私の撮り方のクセもありますし、さっきの写真は少しだけズームしているので厳密な比較ではないんですけど、

どう見てもこっちのほうが空が大きく写ってますよね。どこまでも上まで続いてそうなぐらい。

そう、この「どこまでも上まで続いてそう」と思わせるのが縦写真のミソです。

 

f:id:Hokkorina:20141008120943j:plain

 

逆に、縦に構えたままカメラの向きを下げてみるとこんな感じになります。

空の主張はちょっとだけおとなしくなったものの、一本の道が自分の足下まで続いているように感じられるはずです。

これはあくまで私が勝手に感じたことを書いているので、すべての人に当てはまるかどうかは分からないですけど(汗)。

 

ここまでは縦写真ばかりフォーカスを当ててきたので、今度は横向きについても書いてみます。

 

f:id:Hokkorina:20141008121459j:plain

 

この写真の場合、上よりも横に広がりを感じるかと思います。

手前のほうはより手前まで、奥のほうはより奥まで道が続いていそう。と。

これも縦写真と同じで、写真が横長になっているおかげで目がそう捉えてしまうのです。いわば一種の錯覚なのかも。

 

f:id:Hokkorina:20141008104856j:plain

 

同じようにカメラの向きを変えてみるとこうなります。幾分かはおとなしい感じになりました。

これらは「構図」も大きく影響しているんですけど、今日はあくまで写真のタテヨコの話なので割愛。

構図のことなんて、いろんなところでもっときれいな文章で書かれていますしね。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20141008125415j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

ここ数年はスマホで撮られる方が増えたことにより(というかそっちが中心)、以前よりは縦写真が多く撮られるようになりました。

ただ、それを上手く使い分けられている人はそこまで多くはない印象。特に写真好きの方は知らないともったいないなぁと思ってしまいます。

 

身近な話でいうと、昨日はちょうど入学式がありまして。

そのときにお母さんが「入学式の看板と私」という組み合わせで撮ろうと言い出すも、それがカメラを横に向けていたんですよね。それも近くから。

看板を撮る以上は全部を入れたほうが記録としてはふさわしいし、せっかくのスーツなんだから全身を写したほうが絶対にいい。

思わず「この人何も考えてないなぁ…」と半分あきれてしまったできごとでした。仕方ないのかもしれないけど。

 

まぁ、最初に「加工がすべてではない」と書いたように「写真の向きがすべてではない」とも言えてしまうので、

あくまで自分の写真を表現する方法の一つ、として頭の片隅にポンと置いといてもらえるとうれしいです。

ちなみに、私は空を撮るのが好きなので、空と風景がほどよく入る縦写真がすごく気に入っています。

 

f:id:Hokkorina:20141008105108j:plain

 

最後に地元民としてちょっとだけ宣伝(笑)。

これら8枚の写真はすべて「南河内サイクルライン」という自転車道から撮りました。

はじめてここに来たときは「大阪にこんな場所があったのか…!」とびっくりしてしまいまして。

大阪といえばUSJとたこ焼き、お好み焼き、グリコの看板やその他諸々のイメージばかり持たれている感もあるけれど、

こんな大阪もあるということを多くの人に知ってほしいとすごく思うのです。特に4枚目の写真の道はすごくいい。

大阪にお住まいの方にはぜひとも足を運んでほしい場所です。

 

 

この写真を載せた日記はこちら。#1から#8まで書いているのでぜひ。 

では!!