ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

トワイライトを巡って #5

f:id:riina963:20150312130528j:plain

 

#4のつづき。

結構前から書き置きしていたものの、日記というよりは振り返りになってます(笑)。

 

遠くへの移動手段が新幹線に、そして飛行機へと変わっていく中、トワイライトはまさに最後の砦とも言える列車でした。

大阪駅を発車して、ここまで走ってきた今、札幌行きの列車を大阪で見ることはないでしょう。

それは京都でも、滋賀でも、そして北陸の各地でも。

 

f:id:riina963:20150312130626j:plain

 

なんだか湿っぽくなってしまいました(汗)。

これで天気が悪いとさらに悲しくなりそうだったけれど、 こうして晴れてくれてほんとによかったです。

 

f:id:riina963:20150312130648j:plain

 

いつもは特に注目されることのない列車も、この日は特別。

トワイライトの横を過ぎていく特急列車にも、たくさんのカメラが向けられていました。

 

 

*****

 

 

f:id:riina963:20150312130838j:plain

 

13時8分。

ついに列車がゆっくりと動き出しました。

 

 

少しずつ早くなっていく列車の音。

寝台車、食堂車と、自分の目の前を通り過ぎていったのが過去の話になってしまうのです。

ところが、何を思ったのか急に写真を撮りたくなり、中途半端なところで動画を止めてしまって…

 

f:id:riina963:20150312130921j:plain

 

その写真はというと、こんなことになってしまいました。

トワイライトを追いかけるようにズームするも、焦りすぎてよく分からない状態で撮ってしまう。

最初から動画か写真かのどちらかにするべきだったんです。今さらだけど。

 

f:id:riina963:20150312130959j:plain

 

最後の車両が姿を消し、残されたのは「行ってしまった…」というさびしさだけ。

後ろからあの警察官のおじさんが「写真上手く撮れた?」って聞いてくれたけど、ただただ苦笑いを返すことしかできませんでした。

そのおじさん、すでに大阪駅での見送りの人数を知っていたみたいで、2300人(確か)だったと教えてくれました。

…ネットやニュースでは3500人になっていましたけどね。

 

f:id:riina963:20150312131044j:plain

 

日常の光景とは違って、トワイライトのような列車が撮れるのはその一瞬だけ。

写真が一番、動画は二の次、ずっとそう思っていた私を大きく揺さぶることになりました。

動画だって、写真と同じくらいきれいに残したい。

そう強く思うようになった私は、この日からあるカメラに憧れを抱きはじめるのです…

 

f:id:riina963:20150312131249j:plain

 

#6につづく。