読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

トワイライトを巡って #9

f:id:riina963:20150312163422j:plain

 

#8のつづき。

 

30分待ってやっと来てくれた列車。

特急列車のようなふかふかの席に座り、ふっと上を見上げると…

そんなにあいまいで大丈夫なのか、って思ってしまいました(笑)。

 

f:id:riina963:20150312163802j:plain

 

草津を出た頃はぎゅうぎゅうだった列車も、まるで別の路線に乗っているよう。

学生さんたちが途中でどっと降りてしまったのでした。

 

f:id:riina963:20150312164403j:plain

 

貴生川からさらに30分。

草津から1時間以上かかって、ようやく終点の柘植に着きました。ここでふたたび別の列車に乗り換えます。

この駅に来たのはおよそ2年ぶり。2年ってあっという間ですね。

去年の夏でさえ、つい最近のことのように思えてしまうぐらいだから…

 

f:id:riina963:20150312164446j:plain

 

向かいに止まっているのは大阪とは逆方向、亀山へと向かう列車。

やはりここでも列車の接続はあまりよくないようです。乗換案内でちゃんと調べたのに(笑)。

 

f:id:riina963:20150312164520j:plain

 

また一本、列車の後ろ姿を見送ることに…

この日は3月。まだちょっぴり冷たい風が吹いていた日でした。

 

f:id:riina963:20150312164546j:plain

 

残されたのは、私と、私が乗ってきた列車だけ。

荒々しいモーターの音が、誰もいないホームで虚しく響きます。

 

f:id:riina963:20150312164821j:plain

 

昔は名古屋から奈良へと向かう急行列車がこの駅に止まっていたんだとか。

柘植から京都へ、奈良へ、そして名古屋へ。紀伊半島のど真ん中にあるこの駅は、隠れたターミナル駅でもあったのでした。

この列車も、京都行きとしてまもなく発車します。 

 

f:id:riina963:20150312164851j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:riina963:20150312165407j:plain

 

ふたたび一人だけになりました。 

 

f:id:riina963:20150312165542j:plain

 

昼間はまだ晴れていた空も、だんだんと雲行きがあやしくなってきました。

私の記憶では、この駅から青空を見上げたことが一度もないのです。いつもこんな天気。

話によるとこのあたりは霧が発生しやすいんだとか。そう言われれば… 

 

f:id:riina963:20150312165704j:plain

 

私だけではなく、まるで駅も取り残されたかのよう。

ふっと「国鉄」という風化しつつある言葉を思い出すのです。

 

f:id:riina963:20150312165936j:plain

 

東に向かうと亀山、名古屋へ。

 

f:id:riina963:20150312170531j:plain

 

西に向かうと奈良、大阪へと線路がつながっています。

北からは…

 

f:id:riina963:20150312170634j:plain

 

ふたたび草津からの列車がやってきました。

およそ30分ぶりに目にする列車。この地では列車のありがたみを切実に感じるものです。

いつしか次に乗る列車の存在を忘れつつありました。 

 

f:id:riina963:20150312170827j:plain

 

…!?

まさかの2分後、まるでラッシュのように列車がやってきてびっくり。

そう、これが私が加茂駅までお世話になる列車。これを逃したら元も子もないのです。

あわてて階段を駆け上がり、全速力で列車に…の前に一枚だけ撮って飛び乗りました(笑)。

 

f:id:riina963:20150312171214j:plain

 

#10につづく。