ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

ときの狭間に

f:id:hokko283:20150629195921j:plain

 

7時59分。

少しずつ、世界がそっと夜に包まれていきます。

 

f:id:hokko283:20150629200342j:plain

 

なぜか帰りたくなくなる、というふしぎ。

新しいカメラで写真を撮りたくて撮りたくて、学校帰りに大阪駅へとやってきたのでした。