ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

しあわせのぼっちめし

f:id:hokko283:20150629132006j:plain

 

6月29日。

最近、慣れてきたのをいいことに土日のバイトをがんばりすぎて、月曜になる頃には死にかけてます(笑)。

もちろんこの日もそう。いつもは午後の授業からうとうとしだすのに、2限目の時点で夢の世界と行き来する始末。

 

f:id:hokko283:20150629132056j:plain

 

4限目に入る頃には「大丈夫?」って言われるほどヤバい顔になっていたらしい。

なぜかパソコンで作曲している方ってダルそうにしている方が多いんですよね。同じ専攻の2年生の人しかり。

だからこそ私は逆に健全な作曲家(?)を目指していたのに…ちょっとショック(笑)。

 

f:id:hokko283:20150629132204j:plain

 

そんなお疲れモードの私は、いつもは誰かとコンビニで食べるお昼も一人で過ごしていました。

向かった先は近くの公園。太陽の光が気持ちいい。

何よりも、子どもの楽しそうな声が聞こえてくるとすごく元気をもらえる気がします。しあわせです。

 

f:id:hokko283:20150629132355j:plain

 

食べ終わってからも、しばらくボーッとしてみたり、なんとなくスマホのピアノアプリでピアノを弾いてみたり。

ふっと思ったのが、こういう公園とかで楽器を弾いたら気持ちよさそうかも…っていう。

なんか外で演奏できる楽器がほしいんですよね。どうせなら三線とか横笛とか。

 

f:id:hokko283:20150629132457j:plain

 

そんなことをのんきに考えている間に、時間はすでに授業の5分前。

ついついゆったりと過ごしてしまうけれど、コンビニとは比べ物にならないぐらい気持ちいいのです。

ぼっちを気にしないのであれば毎日ここでお昼を食べたいですね(笑)。

 

 

*****

 

 

f:id:hokko283:20150629171848j:plain

 

その日の帰り、ふたたび梅田に寄ったときに地下道を歩いていたら、あのお店はすでに囲いの向こうに消えていました。

半月前は店が閉まっていただけなのに、今では「魔法のレストラン」と書かれたシールが面影を残すのみ。

半月後にはすべてが過去に消えてしまっているかもしれません。さびしいです。