読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

はじまりの4日間 #3

f:id:riina963:20150409151828j:plain

 

#2のつづき。

 

ここは神崎川

学校のある吹田市と、大阪市の間を流れる川。

遠くにはうっすらと生駒山が。もっと離れているのかと思っていたのに、意外と近くに見えるのでした。

 

f:id:riina963:20150409155404j:plain

 

道路の下は遊びごころでいっぱい。

ガードレール、いらないような気もしますけどね。

 

ELECOM エレコム iPhone6 iPhone6 Plus 対応 スマートフォン用AC充電器 CUBE USB FACE MPA-ACU01SF1

ELECOM エレコム iPhone6 iPhone6 Plus 対応 スマートフォン用AC充電器 CUBE USB FACE MPA-ACU01SF1

 

 

でもちょっとこれっぽい…(笑)

 

f:id:riina963:20150409155521j:plain

 

大きな柱の陰には…まだ使えそうな自転車。

なんか貢ぎ物みたいというか、柱のせいで生けにえのように私には見えましたね。なんとなく。

 

f:id:riina963:20150409155925j:plain

 

…一応言っておきますけど、これはあの宿泊研修の帰りのことでして。

3時頃に学校に着く予定だったのが30分以上も早く着いてしまったんです。

この時間をどうしようと思った挙げ句に「梅田まで歩く」という意味不明な指令が脳から下されました(笑)。

 

f:id:riina963:20150409160401j:plain

 

それにしても、あのビルの多さはすごい。今まで自分はあんな場所の下を平然と通っていたなんて。

地下や空中に無数の道が迷路のように広がっている以上、なかなか地上から梅田を見るということがないのです。

 

f:id:riina963:20150409160657j:plain

 

二本の道路の間を走るのは、今ではすっかりおなじみとなった御堂筋線

そして、私が歩いているこの道は北大阪へと伸びる新御堂筋

ラジオの交通情報でよく「新御堂筋の〜」というくだりは聞いていたけれど、どの道が新御堂筋だなんて分かるはずもない。

こうして梅田まで歩く間にはじめて知ることができたのでした。関西では一番渋滞がひどい道路なんだとか。

 

f:id:riina963:20150409160814j:plain

 

ところどころで写真を撮っていたら、淀川を渡るだけで10分以上もかかってしまいました(笑)。

たぶん普通に歩いても5分ぐらいはかかりそうですけどね。何しろ1キロ近くも橋の長さがあるもので。

 

f:id:riina963:20150409161000j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:riina963:20150409161639j:plain

 

橋を渡り切ってからさらにしばらく歩くと、ずっと横目に見てきた御堂筋線をまたぐ歩道橋が。

ここはちょうど地下から地上へと上がってくるところ。この上に歩道橋なんてあったんですね。

 

f:id:riina963:20150409161751j:plain

 

それにしても…急な坂。

なんだか道路のど真ん中に殴り込みをかけているような感じになってます(笑)。

 

f:id:riina963:20150409161808j:plain

 

逆に反対側はこの通り。

JRの線路の下を無理やりくぐって、そのまま道路の下にねじりこんでいくように地下に消えていきます。

その昔、大阪市は道路と地下鉄を同時に作っていたそうなので、だからこそできた荒業なのでしょう。

 

f:id:riina963:20150409161907j:plain

 

歩道橋の上で撮り鉄みたいにうろうろしていたら、ちょうどぞろ目がやってきました。

ここまでそろっているとちょっとクサいというか…わざとらしいですね((

 

f:id:riina963:20150409161918j:plain

 

そして道路の間へと消えていく。

自分が乗る車両の番号が誕生日と同じだったりしてもうれしいですよね。

以前、御堂筋線でとなりの車両が誕生日の数字だった、なんてこともありましたし。

…そんなことを行きの列車で書いていたら、私が降りたホームのちょうど向かい側に例のぞろめの列車が止まっていました(笑)。なんという偶然。

 

f:id:riina963:20150409162251j:plain

 

道はいよいよ大阪の中心、梅田へと入っていきます。

…といっても、このあたりはまだ梅田のはしっこ。

ここから高い建物がどんどん増えていって、私の知る梅田へと変わっていくのです。

さらに歩いていくと、去年のクリスマスのときに行ったクレープのお店が。こんなところにあったんだ…!

 

f:id:riina963:20150409165437j:plain

 

最初はひとまず梅田まで歩いて、そこから地下鉄に乗るつもりだったけど、それが思ったより足が疲れていなくて。

時計を見たら4時半。せっかくなのでそのまま難波まで歩いてしまうことにしました。大した距離もなさそうだし(たぶん)。

写真を撮ったのは本町駅の近く。ところどころに古そうな看板が残っているのがまたいいですね。

 

…なんて言っているうちに、気づいたらそこはもう難波。ふたたび時計を見たら5時17分。

ここまで来たら行けるところまで言っちゃえ!みたいな感じになってきて、じゃあ次に向かう場所といえば…天王寺!?

 

f:id:riina963:20150409171720j:plain

 

そうして行きかけたのはいいものの、やっぱりJR難波から乗ろうかな…なんて迷いが出て、駅に向かおうとしたらかえって道に迷ってしまう。

しかたなく方角を頼りに歩いていたら、たどり着いたのはなんと環状線芦原橋駅でした。

新今宮あたりに着いたらいいな…と思っていたけれど、まさか2駅先のそんなところまで歩いていたなんて。自分の目を疑いましたよ(笑)。

 

学校に着いたのは3時前なのに、家に着いたのは7時近くというなかなか意味不明なことになったけれど、

どこかノリが中学校に似ている気がして、少しなつかしさを覚えた二日間でもありました。

実は、同じ専門学校でもう一つ気になるところがあったものの、体験入学に行った限りでは高校のピリピリした雰囲気にすごく似ていて。

これはあかん、そう思って選んだのがこの学校。二年間なかよくできそうでよかったです。考えてみれば最後の学生生活ですからね。

 

ちなみに、毎週吹田から梅田まで歩くようになったのはこれがきっかけ。

次の週にもなんとなく梅田まで歩いてしまったおかげで、それがすっかり習慣になってしまいました(笑)。

まわりには運動がてらということにしているけれど、本当は誰もしないようなことをしたいから。

まわりと同じように生きていても新しいものは生まれない。私のような何かを生み出す人にとっては常にチャレンジをすることが大事だと思うんです。

 

この二年間でどれだけ新しいものを生み出せるか。がんばらないと。