読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

空のハーモニー #2

f:id:riina963:20150522185236j:plain

 

#1のつづき。

 

もうすぐ7時。

川沿いを歩いているうちにすっかり時間を忘れていました。

まだまだ明るいと思っていたけれど、高架の下は思った以上に暗いという。

 

f:id:riina963:20150522185521j:plain

 

しかも、どうやら遠くまで行きすぎてしまったみたいで、高架の向こうにはほぼ正面にスカイビルが…

とりあえず阪急の橋の手前あたりで曲がっておけば大丈夫かな、そう適当に考えていたせいでやらかしました。とほほ。

 

f:id:riina963:20150522185749j:plain

 

ひとまず、線路沿いを南東に向かって歩くことに。

このままずっと歩いていたら梅田に着くのは確実。この線路は梅田に向かっているはずだから。

 

f:id:riina963:20150522190321j:plain

 

…と思ったら現実はそう甘くはなかった!!(笑)

なんと今度はJRの線路にぶつかってしまいました。しかも踏切や歩道橋も見当たらない。

目を凝らしてじーっとあたりを見ていたら、なんとなく北の方に線路をくぐれる道があるような気がして、そろそろと歩いてみたら…あった!

 

思えば、暗くもないこんな場所に電気があるのは貨物線の名残なのかも。

去年の今頃あたりはまだ残っていたんですよね。それが一ヶ月ぐらい後に行ったら、跡形もなくなっていたものだからびっくりして。

 

f:id:riina963:20150522192256j:plain

 

出てきた場所はほぼ中津。いつももっと手前でくぐっていたJRのことを完全に忘れていました。

だけど、よく考えたら線路を伝って梅田方向に向かっていたら、遠回りせずにスカイビルの手前にある地下道から帰れたかもしれないのに…

あ、でも毎週楽しみにしているファミマのバニラもなかが買えない(笑)。

 

f:id:riina963:20150522192404j:plain

 

阪急の線路にもようやく戻れました。

私がこうしてあっちこっち歩いているうちに何本の列車が走ったんだろう…

 

f:id:riina963:20150522192529j:plain

 

些細な気持ちで横道に入ったおかげで、この日はずいぶんと疲れてしまいました。

上を見上げれば、大きな円を描く道路。

縦横無尽に道路が張り巡らされているのは未来都市のよう…だけど、これは未来じゃなくて今のもの。

大昔、この辺りは河内湖という湖が広がっていたのに、今はそこが人間によってこれだけの建物が造られるなんて。びっくりですね。

 

f:id:riina963:20150522192744j:plain

 

ここまで来たらあと少し。

吹田からずっと歩いてきた私からしたら、もう目の前に山頂が見えているかのよう。

距離にしたら7キロ。高校でも1500m走や3000m走をするぐらいだから大したものではないけれど、

途中で力が尽きるか、気力が尽きるかで歩けなくなってしまう人だって必ずいるはず。

自分は梅田まで歩いた。そんなささいなことでも自分の自信につながると思うのです。

それを積み重ねていくことで「自分」を作り上げていく…といっても過言じゃないような気が。

 

…私の近くにも自信を失って投げやりになってしまっている人がいるけれど、

本人さえ嫌がらなければ一緒に梅田まで歩いてみたいですね。いろんな話をしながら。