ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

「X-M1」という答え

f:id:Hokkorina:20150820103934j:plain

 

6月18日。

私の手元にやってきて、息をするように今日まで写真を生み出してきたもの。

富士フイルムのX-M1というカメラです。

発売から2年ぐらい過ぎていて、そこそこ値ごろ感が出ていた中古を買ったのでした。それとパンケーキレンズと。

 

f:id:Hokkorina:20150820104044j:plain

 

前に使っていたルミックスGMでグリップをつけていた以上、グリップがないと心細かったので、それもまとめてオークションで。

そこそこ図体は大きくなってしまうけど、裏側にゴムの滑り止めがついていて、机の上で手が当たって落としてしまうようなこともない。

レンズが思ったよりも薄かったのも持ち運びやすくてうれしいですね。実はGMのレンズよりも薄いぐらい。

 

f:id:Hokkorina:20150820104519j:plain

 

もとはといえば、一眼に興味を持ちはじめたのはオリンパスの12年…いや、14年前のカメラ(左)がきっかけ。

2年前、レンズによって背景のぼけやすさが違うことを知り、レンズが明るいというこのカメラをホコリまみれの中から引っ張り出してきて。

そして、たまたま行った店でオムライスを撮ったときに、背景がいい感じにぼけてすごくおいしそうに撮れていたんです。

それからはじまった「食べ物をおいしそうに撮れるカメラ」を探す旅(?)。

どこか似ているその姿といい、形といい、そして撮れる写真といい。今回のカメラがまさにその答えのような気がしてなりません。

 

f:id:Hokkorina:20150820104855j:plain

 

…おかげで3種類のメーカーのカメラが集まってしまいました。しかも全部黒。

オリンパスパナソニック富士フイルム。その中でも一番写真がきれいなのは富士フイルムだと思います。

ホームページやカタログでもよく「写真の色」について宣伝されているけれど、その色が本当にきれい。

普通に撮っても見たままのきれいな写真が撮れるし、設定次第ではみずみずしいエアリーな写真だって簡単に撮れてしまう。

つまり何でもできるんです。この子は(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20150820110015j:plain

 

せっかくなのでGMも並べてみました。

こうして見てもすごく小さいことが分かりますね。グリップをつけているのにもかかわらず。

見た目もかわいくて気に入っていたからずっと使い続けたかったけど、いつからか写真にシミのようなものが写るようになってしまったんです。

日記を書くついでに、どの写真から写っているのか探してみたら…

 

f:id:Hokkorina:20150503174940j:plain

 

分かる限りだとこれかな?5月3日の写真。

この日の日記を探すもサイゼリアの写真しか出てこなくて、よく考えたらまだiPhoneのメモの中でした(笑)。

ともかく、右上にうっすらと写っているシミ。それがまさに元凶。

ズームしたらシミが動くからレンズ側かと思いきや、レンズを変えてもやっぱり写っている。おそらくセンサーにゴミが行ってしまったっぽい。

エアダスターを吹き付けたりアルコールで拭いたりしても絶対に取れないんですよね。

 

f:id:Hokkorina:20150820105704j:plain

 

泣く泣くカメラを乗り換えることにするも、3年前からずっとルミックスを使ってきた私があえて外した理由。

ルミックスのセンサーの清掃はあくまで修理扱い。つまり結構なお金がかかってしまうんです。

そこで「どのメーカーのセンサー清掃代が安いか」と調べてみたらこんな感じでした。すべて税込。保証期間内は無料。2015年8月現在。

 

キヤノン:1,080円 ニコン:1,028円
ソニー:3,240円 ペンタックス:1,080円
パナソニック修理扱い(イベント時のみ2,160円2,160円 オリンパス無料
富士フイルム:1,620円

 

キヤノンニコンは買う理由が見当たらないので却下。

ペンタックスは砂ぼこりや水を気にしなくていいのはうらやましいけど、ちょっとゴツイので却下。

ソニーはカメラの小ささではそそられるものの、熱暴走しやすいのと、以前使っていたカメラがイマイチだったので却下。あと3000円は高い。

パナソニックは写真も動画もきれいに撮れて一番バランスがいいんだけど、修理扱いになるのがちょっとめんどくさい(以下詳細)。

オリンパスは清掃代がずっと無料!しかもカメラによっては雨の中で故障しても保証期間内なら無料で修理してくれるらしい(笑)。

富士フイルムは清掃代だけでいえば普通。動画はイマイチだけど写真の色がすごくきれい。

 

(8月25日追記)

てっきり期間限定で2,160円だと思っていたものの、7月17日からパナソニックセンター大阪でもクリーニングをしていたらしいです。

ちなみに東京では秋葉原の「LUMIX & Let's note修理工房」という施設で以前からクリーニングを受け付けているとのこと。

間違った記述をしてしまい申し訳ありませんでした。

 

  E-P5 E-M10 E-PL5 DMC-LX100 X-M1
大きさ
デザイン
シャッター音の静かさ
画質
動画

 

そこから考えられるカメラを書き出してみる。

最終的には「動画がきれいなLX100」と「写真がきれいなX-M1」で悩みに悩んで、いずれはLX100を買うことを前提にX-M1を選んだのでした。

見た目だけでいえばE-M10のとんがり頭がかわいくてすごく欲しかったんですけどね。

 

f:id:Hokkorina:20150618203353j:plain

 

くっつけてみたら意外と似合っていたGMパンケーキレンズ

X-M1がやってきた以上、このレンズの役目は終わったようなもの。

私にとって単焦点の楽しさを教えてくれたレンズでもあり、名残惜しい気持ちもあったけれど、

思い切って新しいレンズと入れ替えに旅立たせることにしたのでした。

 

X-M1。きっとGMに代わる大切なカメラになってくれそうです。

 

 

*****

 

 

f:id:Hokkorina:20141208135217j:plain

 

ところで、去年の今頃に買ったルミックスのG6。

その行方はどうなったのかというと…

 

f:id:Hokkorina:20141208140303j:plain

 

売りました。

本体も、写真の中で付けている望遠レンズも、さらには標準レンズも。

もともとは持ち歩き重視でGMを買ったものの、小さくて使いにくかったのでGMに代わるカメラとして買ったのがG6。

ただ、一時期学校に古いカメラ(DSC-T7)を持っていってたのがいつしかGMを持っていくようになり、

売るつもりだったGMをよく使うようになってしまったおかげでG6の立場がなくなってしまう。

そして去年12月に望遠レンズを売り、今年1月に本体と標準レンズを手放したのでした。

それからずっとGMを使い続けるのかと思いきや、今回の問題で結局は主役の座を明け渡すことに。

去年買ったパンケーキレンズを最後に、カメラについてほぼ黙っていたこの9ヶ月間。実はいろんなことがあったのです(笑)。

 

f:id:Hokkorina:20141208140847j:plain

 

ひとまず、今の時点で使えるカメラはX-M1とFZ150の二台。

センサーを拭いてもゴミが取れなかったGMは、やっぱり修理に出して第二の人生を送らせようかと考え中。

もし取れたらレンズと一緒に売るつもりだったんですけどね。きっと何かの腐れ縁でもあるんでしょう。良い意味で。

こうなったら最後まで世話をしてかわいがってあげないと。だけど一番きれいに撮れるのはX-M1だし…

だったらX-M1にはできないことをGMにさせてあげたら…超望遠とか…?

 

よし!終わり!

長々と書いていてもキリがないからここで終わります!

ありがとうございました!!