ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

雲の記憶 #1

f:id:hokko283:20150710165642j:plain

 

7月10日。

だんだんと暑くなる中、この日も梅田へ。

ついこの間まで小学生だったのに、今では私も専門学生。あの子たちとはもう10歳ぐらい離れているなんて、あまり信じたくはありません…

 

f:id:hokko283:20150710171417j:plain

 

いつものやわらかな雲の裏で、突然白くたくましい雲が現れました。今年はじめての入道雲。

ときは7月の真ん中。夏という幕が開くまであとわずかなのです。もう夏は目の前に。

 

f:id:hokko283:20150710171618j:plain

 

…ねちゃっ。

 

あれ?と思って下を見たら。

なんと写真を撮るときにピンポイントで踏みたくないものを踏んでいたのでした。しかもあの写真を撮ったあの場所で。

おかげでさっきの写真に「アレを踏みながら撮った写真」という負のレッテルが…(笑)

 

f:id:hokko283:20150710171842j:plain

 

気を取り直して、いつもの道を歩いていく。

思わず見とれてしまうような空の色。なんで私はこんなちっぽけな場所に住んでいるんだろう…

そんなささいな気持ちが、空にすーっと吸い込まれていくような思い。

 

f:id:hokko283:20150710172253j:plain

 

空いっぱいの場所に来ると、ちょっぴり心が落ち着くような気がします。

あんなに真っ白な雲なのに、ときには雨を降らせ、ときには雷を落とすなんて。

 

f:id:hokko283:20150710172600j:plain

 

だけど、ここからは新大阪までずっと道路と建物に挟まれた道。

人でにぎわう場所は嫌いではないけれど、どこか心の奥底ではさびしく感じるもの。

 

f:id:hokko283:20150710172851j:plain

 

さらば、空いっぱいの入道雲。

 

f:id:hokko283:20150710173004j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:hokko283:20150710180645j:plain

 

30分後。ようやく新大阪までやってきました。

あそこを走っているのは…700系?

5年ぐらい前に新幹線に乗ったときがたまたま300系で、なぜかすごくカメムシくさかった記憶があるけれど、

今は300系がなくなるどころか700系でさえその存在が危ういらしいですね…

 

f:id:hokko283:20150710182534j:plain

 

なんだかんだで新大阪から淀川までも20分ぐらいかかる感じ。

新大阪に行くときはいつも「大阪の次は新大阪」なJR(?)に乗っていただけに、もっと近いのかとずっと思い込んでました(汗)。

それを言っちゃうと大阪から新大阪までの距離も…ね。歩くと40分はかかるわけだし。

 

f:id:hokko283:20150710183026j:plain

 

空もだんだんと白くなってきました。

 

f:id:hokko283:20150710183334j:plain

 

ふたたび現れた入道雲。

あんなに遠くに浮かんでいて、私が今まで歩いてきた橋よりも大きく、白く輝いているのです。

 

f:id:hokko283:20150710183420j:plain

 

けれど、大昔は川の向こうに森が広がっていたりしたのかな…とか考えると、今の光景がだんだんと悲しく見えてしまう。

 

f:id:hokko283:20150710184015j:plain

 

階段を下りて、道路をくぐって、梅田へと足を向けようとしたとき。

西の空にはうっすらとオレンジに染まった雲。たまらない気持ちになった私はまだ西に向かって歩き出していました。

 

f:id:hokko283:20150710184051j:plain

 

一ヶ月半ぶりにやってきた場所。

持っているカメラは変わったけど、あたりはまったく変わっていなくてちょっと安心しました。

 

f:id:hokko283:20150710184237j:plain

 

#2につづく。