ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

雲の記憶 #2

f:id:hokko283:20150710184327j:plain

 

#1のつづき。

 

遠くに鳥のような影が見える。カラスかな?

そーっと近づいてみると…ハトでした。

ハトってあんまり細いところにとまるイメージがないだけに、ちょっとふしぎな感じ。

 

f:id:hokko283:20150710184337j:plain

 

あ、もしかしてうっかりここに着地して身動きがとれなくなっている?(笑)

それに私がここに立っている間もほとんど動かなかったし。そういえば2年前にも地元で真っ白な鳥が電線に…

 

f:id:hokko283:20150710184806j:plain

 

以前、川沿いの道を通ったときは阪急の線路のすぐ近くまで歩いたけれど、さすがに戻るのが大変だったので、

行きすぎないうちに適当に曲がってみることに。一歩足を踏み入れたらそこは大きな団地でした。

 

f:id:hokko283:20150710184836j:plain

 

だんだんと影に覆われていきます。

これだけ大きな団地でも、やっぱり今の時代、住んでいる人は少しずつ減ってきているのかな…

 

f:id:hokko283:20150710184944j:plain

 

そんな思いとは裏腹に、公園では子どもたちがごく普通に遊んでいたのでした。

団地といえばどうしても団塊の世代が住んでいるイメージが強くて…(違っていたらごめんなさい)

 

f:id:hokko283:20150710185056j:plain

 

はじめての道だったけど、なんとか無事に通り抜けることができました。

去年、羽曳野のあたりで知らない道をうろうろしていたらいつの間にか団地の中に入ってしまって、気づいたら行き止まりに。

なんてことがあったせいで、トラウマみたいになってしまって今も怖いんですよね…団地。

 

f:id:hokko283:20150710185343j:plain

 

団地からJRの線路までは思った以上にあっという間。

いつもの道からしたらこれが普通。この間は単に行きすぎただけですからね(笑)。

 

f:id:hokko283:20150710185625j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:hokko283:20150710185716j:plain

 

貨物駅の名残がこんなところにも。

再開発が進んでも、ここはずっとこのままなんでしょう。場所によっては線路が外されただけで橋が残っていたりと結構まちまち。

だけど、電気がそのまま残されていたりすると、昔の光景を思い起こさせられてちょっとさびしいもので…

 

f:id:hokko283:20150710185856j:plain

 

そのまま細い道へと入っていきます。

ほんとは左下のお店がいい感じ(何がいい感じだったのかは忘れたけど)だったからそれを取ろうを思ったけど、

お店の前にいた小学生ぐらいの男の子にすごく変な目で見られてしまって…

私っていつも子どもから食ってかかるような目でにらまれたりくすっと笑われたりするんですよね。

あんたらにそんな扱いされたくないわ!!って思いながら。

 

f:id:hokko283:20150710190046j:plain

 

この写真に違和感を感じた方。たぶんその通りです(笑)。

もしかしてわざと?そもそも誰も気づいていない?

 

f:id:hokko283:20150710192225j:plain

 

そこから何回か曲がるうちに、いつの間にか私が歩いていたのはいつも歩いているあの道。

結局、一度も迷うことはなくあっさりと中津の交差点に着いてしまいました。絶対迷うと思ってたのに。

 

f:id:hokko283:20150710192321:plain

 

もちろんこの日もここでアイス。この頃からアイスがすごい勢いで溶けるようになってもう大変。

最後のほうになると、モナカとアイスを交互に食べないと取り返しのつかないことになります(笑)。

モナカを食べて、それによって中から押し出されてはみ出たアイスを食べて、モナカを食べて、はみ出たアイスを食べて…

 

f:id:hokko283:20150710192712j:plain

 

反対側を見るとすごく静かな場所のようにも見えるけれど、この上には阪急の6本の線路が通っているのです。それだけに音がすごい。

でも、少し前に高架下の別の場所の店でランチに行ったときはそこまで音は気にならなかったという。

一時間に60本以上通ってるんじゃないかと思うほどなのに意外でした…はい。

 

f:id:hokko283:20150710192841j:plain

 

線路と道路の切れ目から見える空。気づかない間にずいぶんと暗くなっていました。

雲もすっかり力をなくしてしまったかのよう。

 

f:id:hokko283:20150710193504j:plain

 

吹田からの長い道のりもここで終わり。

いつも見ている光景とはいえ、高いビルの向こうに一日が沈んでいく姿は感動もの。

こうしてこの日も地下鉄で10分ちょっとの距離を2時間近くかけて歩いた私でした。楽しいですよ(笑)。

 

ちなみに、この次の週といえばアレのせいで大変なことになったんですよね…