読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

天空の森

f:id:hokko283:20150805191415j:plain

 

街から少し離れた場所に、静かに横たわっていたのでした。

夜になると、森の向こうからデイダラボッチが…(妄想)