ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

真夏への挑戦 #1

f:id:hokko283:20150806115957j:plain

 

8月6日。晴れときどき雨。

今日は自転車で天王寺の病院へ。

だけど、定期検診だからあっという間に終わってしまって、病院を出たのは11時過ぎ。

こんなに早く家に帰るのもなぁ…と思いながら、駐車場の前でしばらく立ち止まっていました。

そして、家とは反対方向の道へ。

 

f:id:hokko283:20150806145448j:plain

 

向かったのは和歌山へと向かう国道26号。

そこから堺、岸和田とひたすら南に向かって走り、関空のある泉佐野に着いた頃には水筒がからっぽになっていました。

ちょうど道を曲がるところだったから、近くにあったファミマで2リットルの水を買って、そのまま駐車場で遅めのお昼を。

あまりにも暑くて、少しでも風に当たれるようにと室外機の前に自転車を止めて、その上にちょこんと座って食べていた私。

熱風しか出てこなかったけど、そのときの私には風が出るだけでも十分すぎたのです(笑)。

 

f:id:hokko283:20150806150122j:plain

 

泉佐野からは国道170号へ。

今までも泉佐野は3回ほど行ったことがあるけれど、3回とも山道で南に下りてから海沿いをぐるっと戻っていく、というもの。

今日のように後に山道を走るのははじめてなので、最後まで体力がもつかどうかちょっと心配でもあります(汗)。

このあたりはすごくのどかで、いつも写真を撮っているお気に入りの場所。

 

f:id:hokko283:20150806151647j:plain

 

さて、私が恐れていた長い坂道が姿を現しました。

普段から山道を走っている私だと死にそうになりながらもギリギリ登れる坂。

だけど、この暑さの中、この場所で体力を使い切ってしまうと後で自分を締め付けることになりかねません。だけど歩きたくはない…

途中で何度も休みながらも、自転車を押すことなくなんとか自分の足で登り切りました。

 

f:id:hokko283:20150806153554j:plain

 

ところが、それでも体にこたえたのか、坂を下りきったところで途端に足が動かなくなってしまう。

このまま走っても途中で力尽きてしまうかもしれない。

さすがに身の危険を感じた私は、とりあえず外環(国道170号)の下をくぐる場所で一休みすることに。

 

 

そのときになんとなく動画を撮ってみました。

あの不吉な音におびえつつも、10分ほどでふたたび出発。10分休むだけでも疲れがずいぶんと取れたような気がします。

 

f:id:hokko283:20150806155110j:plain

 

さらに山を越えて、ようやく岸和田から和泉市へと入りました。

まだまだ見慣れない地名が並んでいます。父鬼って一体…

 

f:id:hokko283:20150806155539j:plain

 

まもなく小さな交差点へ。

どこか時間が止まっているような、そんなノスタルジーを感じる場所。そんな雰囲気が私は大好きです。

ここからしばらくは小さな集落の中を通るということで、とにかく道が細い。

国道とは絶対に思えない光景こそが国道170号「らしい」光景なのかもしれません。

 

f:id:hokko283:20150806155955j:plain

 

#2につづく。