読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

涙の高架下

f:id:riina963:20151027172747j:plain

 

ゴミの山の一角から出てきたのは…ここに住み着いている子猫。

それも白い袋をくわえながら。思わずその現実に泣きそうになってしまいました。

 

f:id:riina963:20151027172812j:plain

 

一人では何もできない自分が本当に悔しいです。