読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

12月の秋 #1

f:id:hokko283:20151217075147j:plain

 

15日を最後に切れてしまった近鉄の定期。

今年の学校も明日で終わるし、来年に入っても一ヶ月ほど通うだけ。

今買っても1月にもう一回買わないといけないのがもったいなくて、昨日からがんばって自転車で通っているところ。

 

f:id:hokko283:20151217075315j:plain

 

といっても、八尾から吹田まで最低でも2時間はかかるし、地下鉄の定期は25日まで残っているので、

日本橋のあたりで自転車を止めて(空いてそうだから)なんばから地下鉄…というスタイル。

多少はしんどいけれど、一日が動きだす光景を目の当たりにしているみたいでなんだか気持ちいい。

 

f:id:hokko283:20151217134435j:plain

 

木曜日は午前で授業が終わる日。

自転車のせいか昨日も今日もずいぶんと早くおなかが空いてしまうもので、

いつもは梅田か近鉄電車の中まで我慢している私も今日は吹田を出る前に食べちゃった。

 

f:id:hokko283:20151217134840j:plain

 

そして、そのままの足で大阪市内に向かうことに。

ふと小さな並木道に目をやると、そこには真っ黄色の絨毯が広がっていました。

そんな中に赤いもみじがただ一つ。

 

f:id:hokko283:20151217134926j:plain

 

思えば、いちょうなんて久しぶりに見たような気が。

最近はあえてイルミネーションを避けて御堂筋を通らないようにしていたから、まさに玉手箱を開けた浦◯太郎状態(笑)。

そもそも、こんな時期だからてっきりすでに散って片付けられているものだと思ってました。12月だし。

 

f:id:hokko283:20151217135253j:plain

 

やっぱりここ最近の暖かさが季節を遅らせていたのかな…と思いつつ、ガードレールだけで仕切られた歩道を歩いていたら、

側溝を歩いていた猫さんとほぼ同時にぱっと目が合ってしまった…

そのままカメラをごそごそ出そうする私を尻目に柵の向こうに行ってしまいました。

 

f:id:hokko283:20151217143716j:plain

 

実は今日、私が持ち歩いていたカメラはX-M1ではなく、半年前まで使っていたGM1。

ズームレンズを付けているものだから撮れる風景がめっちゃ広い。

X-M1のレンズ(換算41mm)を「どこか不安を感じるイメージ」とするなら、GM1は「突き抜けるほどの明るいイメージ」かなぁ。

 

f:id:hokko283:20151217143940j:plain

 

これはGM1用にパンケーキレンズ(20mm F1.7)を買ったときにはじまったことではあるけれど、

単焦点レンズを使うとふしぎと「画角感」みたいなものが身に付きますよね。

この写真は35mm。これは40mm。こっちは50mm…とか。40mmと50mmの差は小さいようで割とでかいと思ってます(笑)。

 

f:id:hokko283:20151217144725j:plain

 

川から橋から空までみんな写ってしまう。気持ちいい!

ただでさえ普通の目でも模型のように見えるJRの橋が、ますます鉄道模型みたいになりました(笑)。

ところで、川に浮かんでるこの謎の泡立ちは…?

 

f:id:hokko283:20151217144745j:plain

 

ずーっと目で追ってみると、「それ」が来ているのは橋の向こうから。

淀川を船が通っているのはあんまり見たことはないけれど、もしかしてそれなのかな。

汚染でこうなったとは思いたくないから(自分の中では)そういうことにしておこう…

 

f:id:hokko283:20151217145503j:plain

 

さっきの波を試しに白黒で撮ってみたら意外といい感じだったから、そのままの状態でぱっと目に入ったものをちょっと迷ってから撮ってみた。

波が泡立っていたのも割と早くから気づいてはいたけれど、一度通り過ぎかけて「やっぱり撮ろう」と後戻りしたんですよね(笑)。

そしてその波の白黒の写真も結局は消しちゃったという。

 

f:id:hokko283:20151217145554j:plain

 

#2につづく。