ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

X-M1のゴミ問題

f:id:hokko283:20160218092053j:plain

 

この間、日記を書いているときに気づいてしまったセンサーのゴミ。FX90ではじめてシミが写った写真を見てがっくりしたのを皮切りに、GM1、そしてこのX-M1と、カメラを変えるたびに悩まされてきました。日記にはおそらく書いていなかったのですが、去年の12月頃に同じようにシミが写り込むようになり、大阪の本町にある富士のサービスステーションでクリーニングをしてもらっていまして。それから2ヶ月後に…こうなりました(笑)。

 

f:id:hokko283:20160212191320j:plain

 

心当たりといえば、かなり怪しいのが学校の同じ専攻の人と焼肉を食べに行った日のこと。これは今思えば明らかにダメだとは思いますが、焼肉のお店の中で(もちろんテーブルの上ではないですが)そそくさとレンズを替えたこと。もう一つはこれが本当なら笑い話になってしまいますが、同じ日にお店で替えたレンズを戻そうとして、荷物を置くスペースがあったトイレの個室でレンズを替えたこと(笑)。もちろん「それ」よりは前にしているのでその点では心配はないですけどね。どちらにしても間抜けに変わりはないわけで。もちろん、レンズを替えるときは細心の注意を払わないといけないのは私でも知っているし、なるべくセンサーの面を下に向けて替えてはいました。ただ、私はそういう使い方を普通にする人なので、それでゴミが入っても「仕方ないなぁ」とはちょっと思えません。レンズを替えたいときは替えたいのです。

で、今回もとりあえずクリーニングに出すつもりではありますが、これが2ヶ月おきに来ることになれば維持費がかさんで仕方ない。ちょっとだけ割安になる回数券もあるものの、あるとないとではやっぱり違いますよね。そこで、これからどうするのかというカメラ事情をじっくりと考えてみました。ここからかなり長文なので注意。

 

【1. 富士からマイクロフォーサーズに移行する】

マイクロフォーサーズ規格のオリンパスは以前から堅牢性に優れているといわれており、特にダストリダクション機能が優秀らしい。同規格のパナソニックもダストリダクションに関しては同じ機構を持つ。ただし、高感度は(センサーサイズ的に)富士のほうが上なのは当然であるため、それに少しでも近づけたいのであれば、強力な手振れ補正でシャッタースピードを落として撮影できるオリンパスが有利。また、富士と同じくローパスレスを採用しているのもマイクロフォーサーズではオリンパスだけ。

 

【2. 富士のカメラをもう一台加えて、2台でレンズを変えずに使う】

これはカメラにゴミが入る以前から考えていたことで、もともとは2台のカメラで何本かのレンズを取っ替え引き替えで使うつもりだった。ただし、今回の件で富士はあまりレンズ交換をしないほうがいいことが分かったので、片方は単焦点レンズ、もう片方はズームレンズという割り振りをしてレンズを変えずに使う。富士の色は富士のカメラでしか撮れないと思っているので、レンズが交換できないというジレンマはあるものの、今までと同じ美しい写真が撮れるのが何よりのメリット。

 

【3. マイクロフォーサーズと一緒に使う】

手元に以前使っていたGMが残っていることから、GMに小さめの単焦点レンズを、X-M1にはズームレンズをつけて使う。これも2と同じくレンズを変えないため、ゴミの心配をほぼしなくて済む。新しくカメラを買う必要もなく、3つの中では一番お財布にも負担が少ない。また、マイクロフォーサーズのレンズは富士と比べても小さいので持ち運びの点でも有利。GMのかわいさも結構好き。

 

1の場合、富士を使いはじめたのが去年の6月で、一年も経たない間に見捨ててしまうのも富士に申し訳ないというか、自分でこうして書いていても白状な感じがしてちょっと複雑ではあるのですが、画質と堅牢性のトータルバランスを考えるとオリンパスが一番いいのでは、という見解から。特に私の場合はどんなときも使い倒すので、画質もほしい、高感度も欲しい、堅牢性も欲しい、みんな欲しいんですよね(笑)。そういう意味では富士のカメラは堅牢性で難あり、とも言えます。だけど富士の色は富士しか出ないというジレンマがまた…

ここまで書いたところで、今のところは2に固まりつつあります。さすがにあまり高いカメラは買えないので、無難なところで中古のX-M1をもう一台か、頑張ってもX-T10か、といったところ。富士の色は唯一無二であり、これは富士のカメラを使っている私が何よりも理解していること。そんな富士からはやはりそう簡単には離れられません。あと、去年に書いた日記で「動画用にLX100買います」なんて宣言をしてましたが、これは現時点ではほぼ確定。ズームが欲しいときにX-M1と18-55mmでは大きくて持ち出しにくいシーンもあるため、それを補う形としても使えます。

 

というわけで、これらを踏まえて今後の構成を実際に考えてみる。ちなみにいつもこんな感じでiPhoneにメモってます。思い立ったときに書けるから結構便利。

 

【フィールド】

・X-M1+XF18-55mm F3.5-5.6

旅やイベントなど、何を撮るか分からないけどきれいな写真を撮りたい、といったシーンで使う。

 

【スナップ】

・X-M1+XF27mm F2.8

日々のスナップ。撮りたいときにかばんからサッと出してサッと撮る。

 

【ムービー】

・LX100+24-75mm F1.7-2.8

4K動画がメイン。また、お店の中のようにズームレンズを出しにくいシーンであったり、単焦点では撮りたいものが収まらないシーンのとき、ズームレンズを持ってないけどズームが欲しいときに補助的に使う。

 

こうやって書き出してみると、この3台だけでもかなり手堅いですよね。他に必要なものといえば望遠レンズぐらい。GMに望遠レンズをつけるか、あるいは4年目のFZ150で頑張るか(笑)。これはもう少しじっくり考えることにします。いろいろ案はあるけれどあまりまとまってないので…

なんだかんだで今日も無駄に長文になってしまいました。だけど、こうやってブワーッと書き出してみると今の自分がどんなことを考えているのかがすごく分かりやすいですね。そんな備忘録も兼ねた今日の日記。