読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

本当の気遣い

f:id:Hokkorina:20160216200526j:plain

 

半月前のことだけど、いつも気遣ってくれるパートさんがふたたびお菓子を作ってくれたらしく。その日、バックルームに戻ると自分の荷物に紛れてひっそりと置かれていたのでした。一週間に一度しか会えないので、一週間後にこっそりお礼を伝えようとしたら「私が勝手に作っただけやから笑」って返事ができない返事をされてしまいました(笑)。すごく憧れの人なのです。

 

f:id:Hokkorina:20160216200640j:plain

 

だけど、今の私には気遣いのさじ加減がすごく難しい。学校では自信を持ってと言われるし、さらに「気遣い過ぎ」というまさにハートにグサッと刺さることまで言われてしまいました。気遣い過ぎて逆にあざとく見られたらどうしよう。自信を持ちすぎて逆にうっとうしがられたらどうしよう。そんな複雑な思いで日記を書いています。