読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

続・銀色の美人

f:id:hokko283:20160314213644j:plain

 

二日前にやってきた「銀色の美人」ことXF35mm F2を持って夜の大阪へ。他に目的があって来たわけですが、その帰りにパシャパシャと撮ってみました。この白と銀…じゃなくて黒と銀の組み合わせ(よく間違えるのです)、もう私の好みすぎてずっとそばに置いてちらちら見ています。それぐらいこのオールドカメラっぽい雰囲気が好き。

ところで、レンズが来るまで様子見していたフィルターを昨日急遽注文し、今日に届く予定だったのですが、それがまさに出かけ間際で。なんというタイミングの悪さ(笑)。

 

f:id:hokko283:20160314213741j:plain

 

今までこのカメラで主に使ってきたのは27mmと18-55mmの2本。27mmは薄いこともあってカメラだけを持つかレンズにそっと手を添える程度。18-55mmは重いのでしっかりと両手で持っていました。ただ、一番悩ましいと思っていたのがこの35mm。先細りのレンズははじめてなので持ち心地が心配ではあったのですが、これがびっくりするぐらい手になじむのです。まるでX-M1のような小さなカメラ向けに作られたレンズのよう。そろそろカメラ側も出てほしいですけどね。

帰ってから写真を見て真っ先に感じたのが、標準レンズならではの安定感。18mmはもちろん、27mmとも違うこの雰囲気は35mmでしか出せません。さらに、開放のF2で撮っているにもかかわらずこのキレッキレさ。単焦点としては若干暗いことから感度は1000、1600と上がっているものの、そこはカメラの高感度の強さでカバー。この小ささでこんな写真が撮れる。ただただ驚くばかりでした。

今週のどこか、この銀色の美人を持って小さな旅に出ます。たくさんの光と出会えますように。