読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

春をもとめて

f:id:riina963:20160328181025j:plain

 

3月28日。

自転車屋さんで空気を入れ、そのままの足でオークションで売ったXC16-50mmの発送申し込みをして、さらにそのままこの場所へ。ちょうど家のドアを開けた瞬間に雨が降ってくるも、通り雨だったみたいですぐにやんでくれました。

 

f:id:riina963:20160328181102j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328181153j:plain

 

ここに来たのは1年半ぶり。変わらない光景。

 

f:id:riina963:20160328181242j:plain

 

急いで後ろかごからリュックを出して、急いで階段を上って、なんとか間に合ったのでした。きっと誰かも見上げている夕暮れの空。

 

f:id:riina963:20160328181529j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328181622j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328181720j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328182116j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328182547j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328182657j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328183027j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328183107j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328183200j:plain

 

 

*****

 

 

f:id:riina963:20160328183354j:plain

 

広場から階段を下りて、一段低いところにある公園へ。私が来た頃の楽しそうな声はどこかに消え、しんと静まり返っていました。

 

f:id:riina963:20160328183431j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328183543j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328183644j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328183933j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328184110j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328184651j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328184806j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328185144j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328185512j:plain

 

 

 

f:id:riina963:20160328185837j:plain

 

桜をもとめてやってきた恩智城址

そこにあったのは、小さなつぼみとおだやかな夕暮れでした。提灯がついていたからもう咲いているものかと思っていたけれど…