ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

一番のカメラ #2

f:id:Hokkorina:20160415205950j:plain

 

なんとなくレンズを入れ替えてみました。意外と合っている…

昨日書いたときは18-55mm(写真左)を常に持ち歩くのが一番だと思っていたけれど、やっぱりちょっと大きいんです。撮りたい!って思ったとき、出すかどうかを悩んでしまうのが自分の気持ちを邪魔されているみたいで。趣味なんだから自由に撮りたいものです。というわけで、18-55mmは果てしなく一番から遠ざかりました(笑)。

そして、もう一本の35mm(右)。暗いところではブレやすいとはいえ、やっぱり見た目は好きだし、絞りをパパッと変えられるのがすごく便利…いや、心地いいので手元に残す方に傾きつつあります。撮りたいものを見つけたとき、電源を入れつつ同時に絞りを変えられるクイックさは普通のカメラでは絶対に味わえないし、もちろん電源を切っている間も絞りを変えることができる。直前にF8まで絞って撮ってから電源を切り、そのまま暗い場所で撮ろうとしたときに電源を入れて急いで絞りを開いて…なんて手間もいらないのです。

ただ、35mm一本ですべてを撮ろうとするのは絶対に無理。そうなると富士にこだわる私はスマホじゃなくてちゃんとしたカメラを欲しがります(笑)。ここで上がってくるのが単焦点の18mm、固定式のX70、頑張っても14mm…といったところ。18mmは一度買ったものの、写真の端が(噂には聞いていたけれど)想像以上に流れていたことを理由にすぐに手放してしまっています。X70はまだ高いし、仮に買ったとしても最近買ったばかりのX-M1をまた手放さないといけないのがちょっと考えてしまうところ。14mmはすごく評判がいい反面、やはり人前で出すのにちょっと抵抗がある大きさ。これ一本だけを持ち歩くならまだ考える余地はあるけれど、果たして一本だけで満足できる写真が撮れ…でもやっぱり大きい。

 

 

*****

 

 

最終的に今日は2台のX-M1にそれぞれ35mm、18mmを付ける組み合わせがベストかな…という結論になりました。もともとこんなことを考え出したきっかけが「地震」なので、なるべく最小限、そしてミニマルさを忘れないようにしないといけないですね。