ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

夏の顔 #4

f:id:hokko283:20160621141232j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621141501j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621145445j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621145645j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621145823j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621150659j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621150756j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621150816j:plain

 

明け方は荒れていた空が、昼には嘘のような青い空に。

一年以上前から歩き続けているこの道。ちょうど一年前も、空を見上げてきっと同じことを思っていたに違いない。そして一年後はもうこの場所には…