ホッコの部屋

気の向くままに書きます。夜空のようにおおらかに。

夏の顔 #5

f:id:hokko283:20160621151725j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621152050j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621152206j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621152356j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621152433j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621152533j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621152647j:plain

 

 

 

f:id:hokko283:20160621170057j:plain

 

先が見えないと、どこまでも続いているように見える空。

恐れを知らないと、どんなことでもできてしまう幼い心。

すべてを知っている人と無知な人。どちらがしあわせなんだろうとふと思うのです。